FC2ブログ

川をさかのぼる-春をさがす-

姥杉s
ご神木 姥杉 登米市上沼八幡神社

イヌワシを見たいと思い,北上川沿いを歩きました。
今日は少し風がある晴れた日でした。

ミサゴとトビだけです。そこでまた神社仏閣まわりになってしまいました。
この頃気になっている羽黒修験の寺の記録を石碑から探そうというものです。

例えば一枚目の写真のご神木がある八幡神社ですが,石仏をよく見ると最後に「導師・・・院」と書いてあります。
八幡神社の石碑には「導師 妙覚院」とあります。これは羽黒修験が導師になって講中の人たちの安寧を願って建立したということです。

嵯峨立2 107s
八幡山より北上川を望む

石碑を見ることは以前から好きでした。

嵯峨立地区では「大乗院」 上沼地区では「妙覚院」 県境の岩手県側では「良善院」
「日教院」という記録にない寺の名前も見つけました。

これらのすべての寺はもうないのです。
明治維新の時にすべてなくなってしまいました。檀家を持たない寺はすべて廃寺になったのです。

嵯峨立2 352-2s
イヌワシでしょうか

ところでこれはイヌワシでしょうか。空高く旋回している鳥を撮ったものですからはっきりしません。


嵯峨立2 297s
カタクリが一輪だけ咲いていました

カタクリが一輪沢沿いの石仏のそばに咲いていました。
かなり葉も出てきていましたから周囲一帯が見事なカタクリ畑となるでしょう。

嵯峨立2 178s
春のルビー ヒオドシ

春を告げるチョウと言ったら私は「ヒオドシ」と思います。
春のルビー色は鮮烈です。
でも羽の先を見て下さい。寒い冬を乗り切った疲れが出ていますね。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事