FC2ブログ

今年も桜始めました その10-風土記の桜-

鱒淵桜 006-2s
いつもの桜(谷間に差す最初の光が天頂部を照らす)

もう北海道でも桜の開花宣言が出されました。
平年よりも2週間も早いそうです。
どうやら今年の桜はあっと言う間に一斉に咲いて終わるような流れですね。

さて今日は桜の楽しみ方の一つ,私がやっている方法を紹介します。
それは江戸時代の記録から古い桜を見つけ出して,現代に残された桜を探るという方法です。
その江戸時代の記録は「安永風土記」です。1777年成立ですから,今から337年前の記録です。図書館などで県史のコーナーに行くと見つかるでしょう。この安永風土記は全国調査のようなもので,その土地その土地の人口,世帯,人名,田畑,山林,あげくの果てには池まで調べ報告した記録です。
この風土記のその土地の最後に名所旧跡はもちろん,名木,古木の項があるのです。
ここに桜や杉等の古木が紹介されています。ただ桜はそんなに数多くはないのです。しかし本当の古木です。
これを見て回るわけです。歴史とロマンが感じられる桜巡りになること請け合いです。

桜まわり 862-2s
万年桜(今年は花付きがいいです)

ソメイヨシノばかりではなくもっと地味で山桜を好んで見る方にはおすすめのプランとなるでしょう。
行く前に調べますから知るほどに楽しみがわくというものです。

桜まわり 556s
遮那桜

昔に思いをはせながら300年以上も前に名木と称される桜の古木を巡る。
これも一つの桜の楽しみ方でしょう。


注) 今日の写真の桜がすべて風土記に載っている桜ではありません。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事