FC2ブログ

栗駒山の春-その環境で最大限に生きる-

398open56 5212ss
曇ってきたブナ

与えられた環境で最大限に生き続ける。
それが自然の姿ではないでしょうか。
歩く度にその自然界の絶妙なるバランスに驚かされます。

野鳥の森 1224s
春を告げるミズバショウ

雪が多い年は静かに待ち,自分でも熱を発しながらその生育場所を広げ,短い期間での開花を調整します。

野鳥の森 1341s
咲き始めたツツジ

チャンスを逃さず,一斉に咲き始めます。

春の湿原 377s
ペアで

あるところは群生し,あるところはペアで,またあるところでは一人で・・・。
静かに花を広げ,自分の生を全うします。
次のライフステージを考えながら,咲く花の数も自らが調整します。花付きの良い年もあれば悪い年もあります。場合によっては性転換する花もあります。

野鳥の森 1129-2s
ブナの展葉と開き始めた湿原

「暗い,暗いと不平を言うよりも,進んで灯りをつけましょう。」
子どもの頃,ラジオで休みの日の朝に聞こえていた言葉を思い出します。
わたしはこの言葉を「自分から進んで灯りをつけることで世の中を明るくしていこう」と曲解して覚えていました。それはそれでよかったのかもしれません。

野鳥の森 144s
ブナ 展葉の盛り

思想の書き直しをしたミシェル・フーコーは晩年に「自己への配慮」ということをよく言っていました。人間は抑圧されているから解放をとか,自由への闘いとか,プレッシャーとか,人間の疎外とか,資本主義体制の危機とか,自分の周りは敵ばかりと断じ,敵を作り続け,その敵を恨むという人生の書き方ばかりをしてはいないだろうか。フーコーはただおのれへの反省と自己のコントロールこそが大切なことだと考えた。そして自己への深い思慮を義務づけ,自分の欲望を管理することを「生の技法」として生きた。自由を求めることは自分の感情や欲望をも管理できる人のことだと言う。

そう思って自然を見ると動物や植物が行っているバランスの取り方は実に巧妙で学ぶところも多い。
どうしてに行くの?と家族はそう私によく聞くけれど,私は自然の中で絶えず自分の書き直しを続けていきたいと思っているからにいくんだよと言いたいのだと思う。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事