FC2ブログ

栗駒山-世界谷地のニッコウキスゲ-

世界谷地 260s
木道わき

昨日の6/28に見頃だという栗駒山世界谷地のニッコウキスゲを見に行った。終わりかけかなと思った。例年並の花付きだと書いてあったが少し少なめと思った。
しかし,一年ぶりに出会うニッコウキスゲはやっぱりきれいで嬉しく思った。あいにくの梅雨空が広がっての雨だったが第2湿原のさらに奥の大地森コース,湯浜コース分岐の十字路までゆっくりと歩いてブナの林を満喫してきた。駐車場には大型バスまでいたが,皆ブナ林までは足を延ばさず第1湿原のニッコウキスゲだけを見て帰って行ったようだ。登道では誰にも会わなかった。

世界谷地 195-2s
雨に濡れた木道に寄り添って咲く

ニッコウキスゲのピークも5-7日ぐらい早かったのかもしれない。例年だと7/1辺りがピークかなと思った。
このニッコウキスゲは一日に一つの花ずつ咲いていく。だから蕾の数と萎れた花を数えるとその株は今日は花が開き始めて何日目かがわかる。

世界谷地7.1 151-2
花の咲く順序

ちなみに一昨年の花の様子を見てみましょう。
世界谷地7.1 098-2s
2012.7.1の世界谷地

さて豊作だった年のニッコウキスゲは本当に見事ですが,栗駒の写真を撮り続けている佐藤貢さんに依れば平成17年2005年はニッコウキスゲの当たり年だったようで本当に隙間なくみっしりと咲き誇っていました。
そこで平成17年という年はどんな天気だったか前年の平成16年の花が終わった辺りから調べてみました。
すると結実する時期の平成16年の夏秋は例年に比べ日照時間がきわめて多く,降水量も多いということが分かりました。このことが直接影響しているなどとは言えませんが何か豊作になる条件はあるのでしょう。専門家に聞いてみないと分かりません。

世界谷地 073s
2014.6/28

以前平地に咲くニッコウキスゲも世界谷地に咲くニッコウキスゲも同じだよと理科の先生に教えてもらったことがありました。へえーっと感心して聞いていましたが,おかげでニッコウキスゲのことを少し調べようとするきっかけになりました。

大体誰でも知っていることですが,ニッコウキスゲは種でも増えるし株でも増えます。霧ヶ峰のニッコウキスゲを観察したものを読むとこんなことが書いてありました。
霧ヶ峰のニッコウキスゲの繁殖の仕方を標高別に三カ所取って観察しました。すると標高が高いところのニッコウキスゲは結果率が高く,有性生殖による増え方が進み,標高の低いところでは無性生殖が進むというのです。つまり気象条件の厳しい標高の高いところでは種をつけてその種でニッコウキスゲが大きくなり,逆に少し気象条件の厳しくない標高の低いところでは株で増える無性生殖が進むというのです。

おもしろいことです。どんな条件が重なったときに植物自身は切り替えをおこなうのでしょうか。それは簡単には言えることではないでしょう。
世界谷地 097s
種がついたニッコウキスゲ

栗駒山では雪解けの乾燥地にまずショウジョウバカマが咲きます。近年特に多く見られるようになりました。
このショウジョウバカマも種で増える。株でふえる。おまけに葉っぱの先が地面についてそこから根と芽が出てくる(栄養繁殖体と言うんだそうです)という3種類で増えるしたたかさを持っています。これと同じようにニッコウキスゲも環境因に合わせて種か株かを切り替えているのでしょう。

それでは世界谷地のニッコウキスゲはどちらなのでしょうか。種でしょうか,株でしょうか。どちらを優先しているのでしょうか。調べた人がいるかも知れません。

世界谷地 410s
世界谷地 392s
世界谷地 145s
世界谷地 384s
世界谷地 368s
世界谷地 364s
世界谷地 332s
世界谷地の花々
上からウラジロヨウラク,キンコウカ,トキソウ,特に目立ったサワラン,これは?,ツクバネソウ
ミツガシワおわり,ワタスゲおわり
一気に花リンドウ,サワギキョウ,キンコウカ,ウツボグサ等の秋の花が大きくなっていました。今年の夏は短いのかなあ。
そうそう登道ではギンリョウソウがいっぱい。そしてあと少しでホトトギスが一斉に咲くようですよ。

もう10年以上も前にこの世界谷地の第一湿原の奥にもうひとつ湿原があることを地図で知りました。そして営林署の許可を得て行ってみました。もちろん道もありません。下の写真を見て下さい。第一湿原の左に横100m程の湿原が見えると思います。そこに行ってどんな植物があるか見てみたのです。

世界谷地01
世界谷地第一湿原の航空写真
しかし特別に珍しい植物はありませんでした。第一湿原と以前つながっていたのでしよう。かえって帰りに方向感覚を見失い散々に迷ってやっと日没前に戻れたという苦い思い出があります。しかし栗駒山の湿原の多さは歩きの魅力の一つに数えられるでしょう。未知の湿原探し歩きという魅力です。

世界谷地 256s
群生で咲く

雨の山歩きもまたいいものです。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事