FC2ブログ

伊豆沼-マガンの初見日-

初雁 385s
2012年の時の初雁
画面左の並んでいる二羽を見て下さい。
くちばしの根元に白い毛が生えているのが成鳥,くちばしの根元が黒くなっているのが幼鳥

伊豆沼朝 480s
冷えて朝霧立つ
初雁が見られる時期のハス

昨年のこのブログの9/19の記事を見ると伊豆沼でのマガンの初見日は次のようになっています。

伊豆沼におけるマガンの初見日
2013.9.22
2012.9.20
2011.9.22
2010.9.23
2009.9.17
2008.9.21
2007.9.20
2006.9.21
2005.9.22
2004.9.15

初雁 330-2s
稲刈り始まる

環境省の行っている「渡り鳥の飛来状況調査」の伊豆沼の昨年の9/24のメモには「伊豆沼 2013/9/24 伊豆沼・内沼には9月22日に14羽のマガンの飛来を伊豆沼・内沼環境保全財団で確認したそうです。稲刈りがまだ3割程度しか進んでいないため、次から次と飛来するマガンの多くは沼に着水し、ヒシを採食していた。内沼でヒメシジュウカラガン1羽を確認した。」とあり,マガンの数は1708羽とあります。

一方これも昨年の9/26の北海道宮島沼の報告ではマガンが32800羽(ねぐら入りカウント)と出ていました。同じ北海道のウトナイ湖では「ヒシクイを9月8日に、マガンを9月23日に、オオハクチョウを10月2日にそれぞれ確認した後、個体数は増えている。調査当日(10/6)はガン類だけで1800羽を超えた。」とあります。

伊豆沼朝 419-2s
今の景色
渡ってくる直前までサギたちの楽園が見られます。

マガンの渡りは堰を切ったように一気に始まります。

朝916 042s
今日は稲刈り日


クリックしてね
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事