FC2ブログ

ありがとう

DSC_0155s.jpg
ありがとう

昨日君は二回かすかに口を開けて囁いて,長い息をしたあと動かなくなった。
「リュウ。リュウ。」
私は何度も君の名前(オスの柴犬)を呼んで体を揺すぶった。
しかし,君はもう二度と自分の力では動かなかった。心臓が止まっていた。


リュウは今年の春先からうまく歩けなくなっていた。少しずつ麻痺が進んで右足だけが動いた。
散歩はだっこしてやった。歩けなくなっても目を細めて周りの景色を眺めていた。
食欲だけがガツガツとしていた。思えばしっかり食べれば治るかもしれないと思っていたのかもしれない。
とにかく食べた。
しかし夏休みあたりから上手に食べられなくなってきた。舌がうまく動かせなくなってきたのだ。
食べている途中でウォンウォンと4回鳴くようになった。うまくたべられないよと言っていたのかも知れない。

しきりに一晩中唯一動かせる右足を動かしていた。夢の中で歩いたり走ったりしていたのだと思う。
毎晩毎晩シャッシャッと足を動かしてシートをこする音が続いた。動かし過ぎて擦れている足先から血が出ていた。
とうとう彼は歩き続けて天国まで行ってしまった。

トイレの時は早く取り替えてと言って夜中でも呼んだ。
取り替えると静かになって,また右足を動かし続けた。


だっこして散歩するときにはよく見えなくなっている彼の目を補うように周りの景色を説明した。懐かしそうに私や家族の話を聞いていた。

その彼が二回だけ鳴いて昨日の朝逝ってしまった。
何を言い遺してくれたのだろう。
私は彼の言葉を想像する。想像する度に泣いてしまう。

一言目はありがとうと言ったのだと思う。
そして二言目は本当に迷ったのだが,こう言ったのだと思う。
「もういいからね。そろそろこの辺でね。」


ありがとう。リュウ。
よくがんばったね。
本当によくがんばった。

私たち家族に幸せを与えてくれた。
ありがとう。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事