FC2ブログ

伊豆沼。その楽園の条件

平成19年1月21日(日) 171-2s
栗駒山に舞う

今日は,過去画像からの写真です。

野生の生き物が大量に人間の領域に入ってくることはそんなに多くあることではありません。
それも十万単位の野生動物です。
椋鳩十の「大造じいさんとがん」は,九州の猟師から聞いたという前置きで物語は始まります。
現在は九州どころか昔は東京でも記録されたマガンは東北地方のごくわずかな地域でしか越冬できなくなっています。
その越冬するマガンの80%弱が伊豆沼周辺に集まるとされています。

豊富な餌があり,その餌を冬期間,雪や氷に閉ざされることなく採餌することができる。沼や湿原を中心とした平坦な生まれ育った環境と似ている場所。不思議と越冬地や中継地の地形や景観が似ているのは彼らが遺伝的に,伝統的にそのような環境構成が脳の中にインプットされているからでしょう。マガンの中継地である北海道の宮島沼や秋田県能代市の小友沼を地図から見ればそのことが知れると思います。

こうして考えると,何よりも楽園の条件の最も第一は,その景観にあるということになります。世代を超えて種全体に深く刻み込まれた安寧の場所。それが渡り鳥の渡りを支えます。深く刻まれた景色の場所に戻ることが彼らの生きることを支え続けます。

伊豆沼が彼らにとって永遠の命を守る場所であることは確かです。まさに選ばれた楽園なのです。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/29 08:54)

能代市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。