FC2ブログ

栗駒山-花山寺-

5月栗駒 592_3_4_fuseds
西行を待つ

ここは栗原市花山にある「花山寺(かざんじ)」
奥州藤原氏が栗駒山の麓に七間四面の阿弥陀堂と毛越寺の浄土式庭園と似た庭園をつくりました。
本尊の丈六の阿弥陀如来と脇侍はあの運慶がつくったと言われています。南面には鐘楼堂跡、経蔵跡、不動尊堂跡の礎石があり、前面低地は蓮地の跡である。向い側10メートルの所に大門跡があり、池の中央に中島があり、島との間から橋杭や丸木舟、唐銭等が出土しているそうです。

今は大銀杏や姥杉が往事を偲ばせるように立っています。

この花山寺は藤原秀衡が西行が来るのでこの花山寺で出迎えたという話が残っています。
ここ栗原市花山は栗駒山の一部になっていて,平泉の中尊寺から南東にあり,直線距離で33㎞ほどあります。地図で見ると分かりますが平泉の西は栗駒山に当たります。平泉から見て日が沈むのが栗駒山になるわけです。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
関連記事