FC2ブログ

沈む金星の14分間-栗駒山の世界谷地も-

ホタル615-2s
ホタル飛び,沈む金星(6/15撮影)

晴れて星が出るのを待ってホタルと組み合わせようと欲を出すと,たちまちの内に月日は流れ去ります。
ましてホタルのピークと星空が合うというのは更に難しいことです。
それでも数年に一度ぐらいはそのチャンスがあるものでその夜を待っています。

この写真の真ん中下に堀があり,この水面に金星が映っています。
この沈もうとする金星を等間隔にならべました。7枚合成です。14分間の金星の移動です。
この金星が沈んでいく14分の間のホタルの動きです。

実はこの写真は金星を木の横に配置したかったのですが,その角度だと街灯の光が画面上に入ってきます。
そこでそれを避けるためにわざわざ堀の水面に金星を配したのでした。苦し紛れです。

栗駒山のニッコウキスゲがピークだそうですね。
やっぱり2週間以上早いですね。これも夜晴れるのを待っているのですが・・・。

世界谷地7.1 098-2s
2012.7.1の世界谷地
世界谷地 017-2s
立ち待ち月昇る夜の世界谷地ニッコウキスゲロード2013.6.26

2014.6.29の記事はこちら

こう一年ずつ遡っても世界谷地のニッコウキスゲのピークは6月終わりから7月に入る辺りなのです。
今年は見頃が今週だとすると2週間早いということになります。そう自然の暦を読んでいくとホタルも今週から来週がピークと考えてもいいかもしれません。

このブログで何度か昨年のマガンの渡りが9月7日と2週間早かったことをお話ししました。そして北帰もそれこそ2週間以上も早かったのです。これは寒さのピークが一ヶ月前倒しされていたからでした。本来寒いはずの1月が暖かかったのです。そして今年の5月の異常な暖かさを考えるとホタルのピークは今週来週ということになるでしょう。本来花もホタルも地域差があって当然なのですが,暑さが前倒しされて気温の地域差が平均化されたため,地域差なしで一斉に随所でホタルが舞うという現象になるでしょう。
皆さんのところではいかがでしょうか。もし時間があったら教えて下さい。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
関連記事