FC2ブログ

ホタルシーズン終わっても

月夜のホタル21-2s
月夜のホタル

ホタル保存会の方に電話した。
なんとか卵とその後の記録を撮りたいので,よく知っている方を紹介してくれないかと。

結局専門の人も継続して入っていないし,昭和40年代にはホタル少年団の飼育活動もあったが,学校も統合されて誰も詳しく観察していないという返事だった。天然記念物なので手を加えることも禁止されているのだ。

こうなったら自力しかない。

自分で卵を探してそして観察するしか方法がない。
そう思って探したのが2年前だった。

ところが簡単には見つからない。
栗林慧の「ほたる」を何回も読んで当たりををつけてみていざ現地へ。

みつからない。
その見当のつけ方を箇条書きにしてみる。
・発生のピークからおよそ十日後,これはメスの発生がオスより遅いことによる
・交尾が終わるとメスは4-5日して産卵場所を探す
・深夜に飛ぶホタルはメスということだ
・メスは夜11時当たりから下流側から水面にそってふらふら飛びながら産卵場所を探す
・産卵中は明滅を繰り返す
・一回に産卵する数は500-1000個ぐらい
・バラバラな場所に産卵せず,ある程度3個所くらいに集中して産卵する
・産卵場所は上流側にある
・すぐ下に水面があるオーバーハングになっている岩,樹木の苔の中に産卵する
・水面からは30センチから1メートルまでの高さに産卵する。これは増水したときのことを考えるとある程度の高さに産むということ
・卵の乾燥を防ぐために日の当たらない,少ししぶきがかかったりする場所

さあどうだろうか
今の時期がチャンスである。

ホタル 栗林慧


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
関連記事