FC2ブログ

遠野物語-不思議な呪文-その5

IMGP3061-2s.jpg
一遍絵図 祖父の墓で念仏を唱える

ここは北上市稲瀬町水越「ヒジリ塚」と言われているところです。

弘安三年(1280年)秋も深まって朝晩の野に朝霧がたちこめる頃
42歳の一遍上人が祖父河野通信(みちのぶ)の墓の前で念仏を唱えています。供える花もなく,ススキのそよぐ時節,一遍はススキを供えて朗々とした声で念仏を唱えました。20人の弟子達が一遍の声に祈りの言葉を重ね合わせました。
祖父の河野通信が亡くなってもう57年という月日が過ぎていました。一遍は生まれて物心ついた時に祖父通信が承久の乱で奥州に流されたのだと知りました。流されて2年後,通信は失意の内に病気で亡くなったのでした。通信68歳の若葉深い5月19日のことでした。
それから57年。
孫の42歳の一遍は祖父通信の墓参り本願として,九州,四国,北陸,信濃,上野,下野,白河を過ぎて江刺郡に入りました。

IMGP3067s.jpg
「聖塚(ヒジリづか)」一遍の祖父河野通信(みちのぶ)の墓

ここで前前回の記事で出した竹田賢正氏の「東北地方の「阿字十方」の板碑」の表をもう一度ご覧下さい。

 種字  年号      西暦   偈文 所在地
弥陀三尊建治二年1276十方三世仏 一切諸菩薩 八万諸聖経 皆是阿弥陀宮城県矢本町大塩
弥陀建治三年1277十方三世仏 一切諸菩薩 八万諸正教 皆是阿弥陀宮城県南方町東郷新田
衿伽羅童子元享三年1323十方三世仏 一切諸菩薩 八万諸聖教 皆是阿弥陀宮城県仙台市経ヶ峯
勢至貞治二年1363十方三世仏 一切諸菩薩 八万諸聖経 皆是阿弥陀宮城県石巻市高木観音
(不明)至徳□年138□十方三世仏 一切諸菩薩 八万諸聖経 皆是阿弥陀宮城県南方町本郷天沼
弥陀明徳三年1392十方三世仏 一切諸菩薩 八万諸聖経 皆是阿弥陀宮城県河北町大森建立寺
観音(不明)十方三世仏 一切諸菩薩 八万諸聖経 皆是阿弥陀青森県深浦町北金ヶ沢


宮城県南方町には「阿字十方」の板碑が二基あることに注目しておきたいです。
更に同じ南方町には弘安四年四月十四日建立の供養碑があります。一遍が通過した翌春に建てられた板碑です。
またさらには全国で二例しか確認されていない正安二年(1300)の「踊り念仏碑」があるのです。正安二年は一遍が南方を通って祖父の墓参りをした年の20年後に当たります。碑面は次のようになっています。


                             右為四十八日踊念仏結衆等
                                      五十余人結衆
                                     庚
             種子 キリーク(阿弥陀如来)正安二年閏七月十五日
                                     子
                                      敬所奉造立也
                             所志者為精霊成仏法楽等也


  四十八日の踊り念仏を修したことを記念に建てられたものでしょう。一遍の影響が彼の死(1289年)の11年後まで色濃く残っています。
  時代こそ違っても「阿字十方」の板碑が二基と全国でも稀な一遍の踊り念仏碑の存在。
   この二つの事実に何か関係はないでしょうか。ただ板碑として近接しているだけなのでしょうか。
もう730年以上前のことですから隠れた糸も見いだせなくなっています。

IMGP2978-2s.jpg
一遍もひととき結縁衆の家に上がってお茶をごちそうになったでしょう

遠野の小友地区の「座敷念仏」の中に残っていた「阿字十方三世仏 弥字一切諸菩薩 陀字八方諸聖経 皆量阿弥陀仏」という神呪経の一節。
口伝(こうでん)のみによって700年以上も遠野の人々に脈々と受け継がれてきました。
この希望への祈りは,何千回も何万回も浄土への誘いとして代々伝えられてきました。
もう一度問うことだけは許されるでしょう。
この念仏を一体誰がもたらし,人々に伝えたのでしょうか。

一遍 031_2_3_fused-2-1gs
男山から北上川を下に見る。そして北上市内。陽が沈む方が和賀地方。左奥に駒ヶ岳。
国見山から更に北上川に近づくと男山がある。北上川沿いに北上展勝地という桜の名所がある。

熊野信仰 002s
熊野権現影向図 京都 檀王法林寺蔵,元徳元年(1329)

北上市の極楽寺に一遍の祖父河野通信が流された。
極楽寺は中世に平泉よりも栄えていた寺だという。
日が沈み,西の焼石連峰に紫の雲が現れると,そこに阿弥陀如来が出現するという。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> 度々、すみません。
> 10/30の写真は内沼ですか?
> 何処か撮るポイントがあるのでしょうか?
>
> 10月に入ると枯れ始めるのでしょうか。枯れ過ぎてなくなってしまわないかなと思いまして…。

そうですね。10月中旬辺りから枯れたハスの雰囲気がよくなります。
そして10月下旬には朝靄,ガンの飛び立ち,朝日,ハスがうまく重なり合うシーンが見られます。
また写真を載せたりしますので,一番お好みの時期にいらしてください。

10/30の写真は内沼だと思います。でも伊豆沼でも同じ景色が見られます。

度々、すみません。
10/30の写真は内沼ですか?
何処か撮るポイントがあるのでしょうか?

10月に入ると枯れ始めるのでしょうか。枯れ過ぎてなくなってしまわないかなと思いまして…。

ありがとうございます

どうしても、この風景を撮りたくて
お聞きしましたが、ありがとうございます。
絶対に行きます!

伊豆沼の施設内にある掲示板に
野鳥を撮る写真家がストロボを焚く
被害があると出ていましたが、大切にしていかないといけない場所ですよね。
本当に宝物だと思います。

貴様の写真も楽しみに、いい時期に行きます。

非公開コメント