FC2ブログ

9/5今朝の伊豆沼-ガンはいつ来るか-

晴れた土曜 018_19_20_fused-2gs
9/5今朝の伊豆沼
・・・紫立ちたる雲の細くたなびきたる

日の出は5時過ぎでした。
本当に久しぶりに晴れました。

さて,こんなに寒くなったのですからガンがそろそろ渡ってくる時期になります。
実は伊豆沼ではもうガンの鳴き声は聞こえています。というのも,ガンの残留組と言われる伊豆沼で越年するガンがいて,鳴いているからです。近く渡ってくる10万の仲間を待っていて飛ぶ練習などもしています。

そこで今日はマガンの渡りについてお話します。
以前,私はガンの帰り(北へ帰る日)は,一日の平均気温が「+(プラス)」に転じた日辺りと勝手にこのプログで言いました。これは帰った日と気温,天気の関係を比べて考えてみたことで正しいかどうかはわかりません。
では渡ってくる日は予想できるのかということになります。

伊豆沼に渡ってきたマガンの初見日
昨年2014年は9月13日朝6時確認
2014.9.13
伊豆沼に渡ってきたマガンの初見日
2013年.9月22日     
2012年9月20日
2011年9月22日
2010年9月23日
2009年9月17日
2008年9月21日
2007年9月20日
2006年9月21日
2005年9月22日
2004年9月   15日

11年間を平均すると19.63で20日を切ったということになります。

こう見るとガンは9月20日前後に渡ってきているということが分かります。
しかし昨年が9月13日と一週間以上も早かったものですから,当然今年も早いのではないかと思います。
ではいくらぐらい早くなるのかということが話題の中心となるでしょう。

晴れた土曜 227s
9/5 内沼の残留組のマガン

今ここに気象庁が出している2004年9月の「日々の天気」という天気日記があります。
9月3日を見ますと
3日(金)最早のヒガンバナ開花
前線は日本の南海上に南下。高気圧に覆われてほぼ全国的に晴れるが、北海道は寒気の影響で日本海側を中心に雨。静岡
市・長野県松本市で平年より13~14日早くヒガンバナ開花。

この頃は気温の変化が大きくなかなか例年通りとならないようですから,ガンが早く渡ってきた2004年の記録を見てみました。するとヒガンバナが2週間も早く咲いているのです。ヒガンバナが早く咲くとガンの渡りも早いのかどうかは分かりませんが,寒さが早く来ている分ヒガンバナも早く咲くのであればと思い2014年の同じ「日々の天気」を見てみるとヒガンバナについては
18日 南大東村和歌山市、富山市でヒガンバナ開花。
とあるだけでした。
ヒガンバナ自体がその夏の温度に応じて,気温が高い夏は早く咲き,気温が低い夏は遅いという実験結果もあるそうですから,ヒガンバナの開花からマガンの渡りの時期を予想できないものでしょうか。誰か「ヒガンバナの開花とマガンの渡りの時期の関係」という研究をされていないでしょうか。

晴れた土曜 074-2s
9/5伊豆沼のサギたち

私自身,昨年のガンの渡りが例年より7日~10日早いという結果から,栗駒山の紅葉がやはり十日余り早く,マガンの帰りも早まったと実感しています。それは現在でも続いているような気がします。そして今年もお盆以降がこんなに寒くなったのですから,マガンの初見日は9月10日前後と見ています。
でもあくまで適当な予想ですからね。
自然を読むことは本を読むことよりも難しいところもありますね(笑)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事