FC2ブログ

栗駒山紅葉散歩その5-黎明に輝く-

栗駒の星 119-2s
黎明に輝く

黎明の空はいよいよ蒼く,栗駒山の上に金は妖光を放ちます。
獅子座,そして今,木が紅葉の栗駒山の頂から顔を出しました。
この夜明け前の空の饗宴は,この後薄れていき,地上の栗駒山の紅葉へと移っていきます。



追記
から下りてきた私はこの写真のレタッチをしながら突然若い頃に読んだヨブ記を思い出した。
子どもも財産もすべてなくして身体もぼろぼろになったヨブがその悲しみの余りにこの世を呪う言葉をはき続ける。その苦しみの言葉は強く,そして果てしもなく慰めの人々をはねつける。
最後に主が現れ,そしてヨブに話しかける。

かの時には明けのは相共に歌い、
神の子たちはみな喜び呼ばわった。
                 (38章-7)
「かの時には明けのは相共に歌い」という場面とはこの写真に写った,この夜明けのことだったのだ。
私は腑に落ちた。




にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
関連記事