FC2ブログ

窓『山の人生』

窓賢治が通り過ぎた窓-東北砕石工場-

 柳田國男『山の人生』の最初は,悲惨な「一 山に埋もれたる人生あること」で始まる。

「今では記憶している者が,私の他には一人もあるまい。三十年あまり前,世間のひどく不景気であった年に,西美濃の山の中で炭を焼く五十ばかりの男が,子供を二人まで,鉞(まさかり)で斫(き)り殺したことがあった。
 女房はとうに死んで,あとには十三になる男の子が一人あった。そこへどうした事情であったか,同じ歳くらいの小娘を貰ってきて,山の炭焼き小屋で一緒に育てていた。その子たちの名前はもう私も忘れてしまった。何としても炭は売れず,何度里へ下りても,いつも一合の米も手に入らなかった。最後の日にも空手で戻ってきて,飢えきっている小さい者の顔を見るのがつらさに,すっと小屋の奥へ入って昼寝をしてしまった。
 眼が覚めてみると,小屋の口一ぱいに夕日がさしていた。秋の末の事であったという。子供がその日当たりのところにしゃがんで,頻りに何かしているので,傍に行って見たら一生懸命に仕事に使う大きな斧を磨(と)いでいた。阿爺 (おとう),これでわしたちを殺してくれといったそうである。そうして入口の材木を枕にして,二人ながら仰向けに 寝たそうである。それを見るとくらくらとして,前後の考えもなく二人の首を打ち落としてしまった。それで自分は 死ぬことができなくて,やがて捕えられて牢に入れられた。
 この親爺がもう六十近くなってから,特赦を受けて世の中へ出てきたのである。そうしてそれからどうなったか,すぐにまたわからなくなってしまった。」

 この真っ赤な,目もくらむ夕日の中で行われた殺人の話を柳田は一体どこからもってきたのだろうか。解説を書いた桑原武夫はこう記している。
 当時,柳田は「法制局参事官として,特赦のために予審調書を読んだ際,『山の人生』の巻頭にある炭焼きの子殺しの悲惨な話を知って,田山花袋にに小説の素材にもと思って話したところ,花袋は事実が深刻過ぎて小説にはできないといって聞き流してしまったという。」

 しかし,この話は,のちに谷川健一が「柳田国男の民俗学」(岩波新書)で指摘することとなった。(続きは次号)

今日の本
『山の人生』柳田國男 岩波文庫
遠野物語・山の人生 (岩波文庫)遠野物語・山の人生 (岩波文庫)
(1976/01)
柳田 国男

商品詳細を見る

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: タイトルなし

ルイヴィトン バッグさん。
いつもありがとうございます。都会では東北の風土色あふれるこのようなブログはつまらないかと思いますが,見ていただいて嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)
非公開コメント