FC2ブログ

視点を変えて

DSC_4453s.jpg
視点を変えて

よく「視点を変えて」と言われます。
しかし実際はそう簡単には行かないものです。
自分の中でイメージをつくる場合もあるし,ある偶然から生まれる場合もあるし,ある作品を見たり読んだりして発想が刺激されることももあるでしょう。

一枚目は土手の下でわざと木や茂みを多く取り入れて飛び出すマガンを写してみようと思った写真です。はっきり言って木や茂みはその取り入れ方次第では本当に邪魔な感じに見えます。どれぐらい画面を占めているかという面積なのでしょうか。それとも手前の存在の濃密さに依るものなのでしょうか。微妙なバランスが必要でしょう。


県大会1118 196-2-sss
視点を変えて

これはマガンの飛びたちの瞬間を視点を変えて俯瞰で捉えようとした一枚です。鳥は上に上がっていくものですから俯瞰自体が難しいこともありますが,近くの山の上から撮ったものです。
「寄るか,引くか」とよく言われますが,背景に見えているものや画面の濃さやバランス,重心等が総合されて言われているようです。とすると,よく小説を読んでいると主人公の動きだけを見て楽しんでいるようですが,その物語がつくられる背景の必然性が主人公の動きを生んでいるという視点があると感情がよく読み取れるということでしょう。
だったら写真は・・・。



にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事