FC2ブログ

一枚の雑巾が語るもの

さんぽ道2月おわり 058-2s
今朝の雪のさんぽ道

昨夜の雪は雨に変わり凍ったようです。二度桜の花に雪が積もり,凍っていました。
まだ朝晩かすかにマガンやハクチョウの飛ぶ姿や鳴き声を聞くことができます。
早いウメはほぼ六分咲きで止まっていましたが,三月になれば満開になるでしょう。

さんぽ道2月おわり 026-2gs
今朝のいつものさんぽ道

今日は図書館へ調べ物です。なんだかぼんやりといろいろなことを考えていますが,言葉になって表われてきません。もどかしいような何か落ち着かない気持ちになります。でもこういう時間を送ることでつながってくるものがあり,それが写真に生きてくることもあります。

ところで森美術館で行われている「村上隆五百羅漢図展」は入場者20万人を超えたそうです。作品が3m×100mという作品はすごいですね。その展覧会と並行して横浜美術館では「村上隆とスーパーフラット・コレクション」展が開催されていて,村上隆のコレクションが展示されています。

村上隆とスーパーフラットコレクション村上隆という作家の創作のバックヤードツアーのようなものでしょうか。彼の絵をつくり出す背景になるコレクションが見られるわけです。NHKの日曜美術館で取り上げた時もこの話は出ましたが,コレクションの中には「雑巾」もあるんです。どのような経緯でコレクションに入ったのか分かりませんが,おもしろくも感じました。

村上隆コレクション雑巾
説明には「古道具坂田旧蔵」と書いてあります。調べてみると「古道具坂田旧蔵」とは,目白で「古道具坂田」という店があり,そこにあった雑巾らしいです。村上隆がこの店を訪れ,この雑巾とコーヒーフィルターが欲しくなり、価格を尋ねたそうだ。そのときに坂田氏は「これは売り物ではないので」と答えたという。やがて対談をきっかけに再会した時に,その雑巾とコーヒーフィルターが坂田氏から村上氏に贈られたわけです。
物の美しさは見る人の感受性の範囲内でしか見えません。このことは、見る側が成熟し、自身を確立してゆかないと、いつまでも他人の美の基準や、品物にくっついている肩書きに依りかかって物の美しさを判断することになってしまいます。~(略)~この展示がご覧戴いた方にいくらかでも生活の楽しみの幅を広げるヒントを与えることができれば、それは企画者の一人として望外の幸せだと思っております。
                                                坂田和實氏が松濤美術館で行った展覧会図録より

ご主人の坂田和實氏もなかなか面白い人です。確かに自分が成熟して確立していないとモノの良さは分からないものです。「いつまでも他人の美の基準や、品物にくっついている肩書きに依りかかって物の美しさを判断することになってしまいます。」というのは本当でしょう。
しかし皮肉にもこのコレクション展で「この雑巾」の価値は急上昇したでしょう。価値をつけるとは値踏みをするものですから,こんなに有名になった雑巾なんてないと思います。

おもちゃづくり 113-2gs
夜を駆け抜ける

村上氏のモノを見る目が実に自由だということが「スーパーフラット」ということなんでしょうか。生活雑貨からキーファーまでありとあらゆる作品が等価値で置かれている。秀吉自筆の書状と雑巾は等価値で置かれているのです。魯山人の隣にアラーキーの写真が置かれます。モノをモノとして見て,権威づけられたモノをゼロに戻す。他人のモノサシに寄りかからない。自分が必要と認めたモノを探して見つける。その基準はお金ではないのです。

最後に,五回目の3.11が近づいてきました。
いつも「自分は何をしてきたか。」と自分に尋ねます。この言葉は自分の中で流動体のように伸びたり縮んだりしながら,特に呑まれるほどに大きく,時にはからまり,自分の中でぐるぐると廻っています。このあふれる程のモノをカネで買えるという社会は本当に正しかったのか。自由資本主義のシステムに乗せられ,災害公営住宅に入居した後にコミニティーの問題が生じていると聞けば,実はカネ中心の価値基準が最後には人間のコミニティーを分断させたのではないかと思ってもしまいます。いつも問われているのは権威づけられたモノや他の人から借りたモノサシで動き続ける資本主義に対して,反省を迫られていることに気付かないほど鈍感になっている自分だということではないか。

一枚の雑巾は,そんなことを語っているように思えました。



にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事