FC2ブログ

行きたくてもたどり着けない場所-野湯-

野湯1
 もうもうと湯気が立っている沢。さわってみると60度以上ある

私たちには,行ってみたいと思ってもたどり着けない場所というものがあります。
 山歩きをする人はだれでも地図はよく見ます。地図をよく見ていると,少しずつそこの地形がイメージできるようになってきます。すると,この地形は変わっているとか,この湿原は気持ちよさそうだとか,こんなところに温泉マークがあるぞとか・・・。登山道がないとあきらめてしまいがちですが,地形からその場所を想像すると,もう確かめたくてたまらなくなります。
 実際,山には様々な楽しみ方があります。登る方では,クライミング,沢,縦走,低山。また興味も様々です。風景,星,気象,岩石,水生生物,樹木,花・・・。数え挙げてもきりがありません。その一つに「究極の温泉露天風呂につかりたい」という興味があります。究極の露天風呂,つまり野趣あふれる人の寄りつかない温泉を探し,その風呂に入るという趣味です。「野湯」ということばがあります。 登山ガイドブックで見つけた「野湯あり」ということば。もう居ても立ってもいられません。でかけてみました。

野湯2
 ブルーシートの浴槽。ここにはだれも来ません

 山の楽しみ方は本当にいろいろです。

関連記事

コメント

非公開コメント