FC2ブログ

7日目のホタル-ピークを迎える-

昨夜6/25はホタルより人に驚きました。
もう渋滞になっていたからです。地区をあげての駐車場の誘導や見回り,ホタル保存会の関係者の方々本当にご苦労様です。
私は昨晩は撮影を切り上げたのが23:30です。もう誰も居なくなった本部席テントの掲示板を見ますとホタルの数は「300」とあり,びっくりしました。昨年27年の掲示板を見て下さい。

鱒淵2015ホタルの状況
昨年平成27年のホタル掲示板

昨年の最高は6月28日の「188 」です。ほぼ同じ昨晩25日は「300」です。
確かに私ももう一週間通っていますが,ピークといっていいと思います。途中強い雨がありましたが,減ることなく増え続けています。そして飛び方からしても昨晩辺りは「ピークだろう」と私も思いました。
飛び方からピークを考えると,やんわりと飛んでいたホタルが元気になるのか直線的に飛び始めるのです。これは意外と重要ではないかと思います。その飛び方が6日目辺りからよく見られるようになります。

そこで昨晩は8:10から50分間連続で撮って,10分ずつに区切ってどの辺りに飛び方のピークがくるのか,較べてみることにしました。30秒ずつ100枚撮って,20枚ずつ10分間を合成して5枚の写真をつくりました。まず50分間,100枚の合成からご覧下さい。すごい密度だと分かります。

7日目のホタル-2-s
昨夜6/25の50分間の記録 20:10-21:00kの50分間

今までにも50分撮ったことはありましたが,1・2を争う程の密度です。
むしろピークに向かう密度の濃さがうかがえます。これから後,ホタルは直線的な運動を入れて空間を拡散的に飛ぶようになっていきます。自分の居る中心的な運動の最後の夜と言うことも出来ます。

7日目のホタル1-2tr-s
最初の10分 (50分間を10分ずつに分けて)画像はトリミングして拡大

日没後1時間です。この辺りの時間帯は空にまだ青が残っています。
どちらかと言うと,木の周辺を漂うように飛ぶので画面内にとどまり,数が多く写ります。

7日目のホタル2-2tr-s
10分から20分まで

だんだん直線的に飛ぶホタルの光跡が多くなっていきます。
それに連れて空の空いた空間にも直線的な光跡が写り始めていきます。このような直線的な光跡はホタルの発生直後には見られない運動です。

7日目のホタル3-2tr-s
20分から30分まで

更に空の部分に直線的な光跡が増えます。
これは生まれてから飛ぶことに慣れてきているということもあるのでしょう。

7日目のホタル4-2tr-s
30分から40分まで

下は川と草むらです。後半になると草むらに下りてくるホタルがまた多くなることになります。

7日目のホタル5-2tr-s
40分から50分まで

夜9時になりました。日没後2時間経つとこの後少しずつ減っているように見えます。大体のホタルが草むらに下りて光ります。

7日目のホタル 140s
ゲンジボタル

7日目のホタル 207s
ヒメボタルもいました


今日晴れれば星とピークになったホタルを楽しむことができるでしょう。早めにおいでいただくと渋滞に巻き込まれなくてすむでしょう。8時過ぎから見どころの時間帯となります。どうか安全運転で気を付けていらして下さい。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
関連記事