FC2ブログ

宮沢賢治写真帖『1924.8.17』

月昇る
月昇る(早池峰から見る薬師岳と月)
一八一
     早池峰山巓
                  一九二四、八、一七、
  
   あやしい鉄の隈取りや

   数の苔から彩られ

   また捕虜岩(ゼノリス)の浮彫と

   石絨の神経を懸ける

   この山巓の岩組を

   雲がきれぎれ叫んで飛べば

   露はひかってこぼれ

   釣鐘人蔘(ブリューベル)のいちいちの鐘もふるえる

   みんなは木綿(ゆふ)の白衣をつけて

   南は青いはひ松のなだらや

   北は渦巻く雲の髪

   草穂やいはかがみの花の間を

   ちぎらすやうな冽たい風に

   眼もうるうるして息(い)吹きながら

   踵(くびす)を次いで攀ってくる

   九旬にあまる旱天(ひでり)つゞきの焦燥や

   夏蚕飼育の辛苦を了へて

   よろこびと寒さとに泣くやうにしながら

   たゞいっしんに登ってくる

      ……向ふではあたらしいぼそぼその雲が

        まっ白な火になって燃える……

   ここはこけももとはなさくうめばちさう

   かすかな岩の輻射もあれば

   雲のレモンのにほひもする

                    『春と修羅第二集』より

白装束の人々がなだらかな岩道を登ってくる。黙々と息を切らしながら登ってくる。
旱の今年の苦労を終えて,蚕の夏場の仕事も終えて,お盆の今,拝むためにこの早池峰に登ってくる。釣鐘草,いわかがみ,こけもも,うめばちさう,濃い青のはい松。風に揺れる花々と岩の間に信仰の人々が登ってくる。

賢治28歳の夏。この年春に『春と修羅』を刊行している。賢治の夏休みの山登りは続いています。第一集に載せた早池峰山嶺の続きでしょう。
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント