FC2ブログ

白鳥の駅 雁の駅-アファナシエフ「ピアニストは語る」-

新田駅 047-2s
ハクチョウの駅雁の駅

テンプレートを変えました。
なんか思い切り写真を載せたいと思っていたのですが,なかなかできませんでした。
写真だけクリックしても中途半端な感じだし…。

スクロールしないとうまくいかないところもありますが,細かいところまで見ることができるようにします。またお付き合いください。

さて今日は最近読んで面白かった本です。先日バッハホールに来たヴァレリー・アファナシエフがインタビューで語った記録です。
ピアニストは語る
2015年のインタビューですから昨年ですね。
アファナシエフが非常に深い生き方をしているピアニストであると言うことがよく分かる一冊でした。文章も無駄がなく,なめらかで彼と握手した時の柔らかい肌を思い起こしました。インタビューにキケロやアリストテレスやプラトンが縦横無尽に引用され,それが全然取って付けたようなペダンチックな感じが全くせず,自然なのです。彼の演奏は,文学であり,哲学であり,思索であり詩や映画によってさらなる深みへと誘うものであると強く感じました。彼の音楽の魅力はそうした深い人生への構えから立ち昇っていたものだったのです。彼がボルヘスやムジール読んだのが亡命後だそうですから,ソ連には入っていない作家もいまだにいるんだなあと思いました。そのムジールが彼の飼っているネコの名前になったと言いますからやはりアファナシエフの嗜好はただならぬ感じはします。第一部の人生編では,ソ連という国の音楽教育から,コンクール出場が国家の威信を掛けたシステムとして成り立っている事情がよく分かるようになっています。亡命時のハラハラドキドキの顛末もまるでスパイ映画を見ているような感じになりました。どういうレッスンを受けていたか,演奏にはどういう考え方が必要か,手に取るように分かります。また指導する教授陣の持ち前のオリジナリティーがおもしろく描写されていることも人間味が感じられて面白いところです。師と仰ぐギレリスの,アファナシエフを温かく見守る心持ちや忘れられない過ぎ越しの夜の果てしなく続く演奏の夜など,ピアニストとして真摯に生きる姿に憧れてしまいました。
そんな彼が演奏上で独特の感覚に襲われ(これはウィリアム・ジェームスの「宗教的な経験の諸相」に出てきた一体感だと私は思いますが),旋律と和声の完全な調和を得たと思われる答えについてはまた別の機会に語りたいと思います。



にほんブログ村 鉄道風景写真
にほんブログ村 ネイチャーフォト
にほんブログ村 東北の鉄道
関連記事