FC2ブログ

栗駒山に沈む太陽

毛越寺庭園 065s
若神子社(わかみこ社)幣束  中尊寺の寺領だった骨寺村の田んぼの中にぽつりと立つ社です

先日,お彼岸の中日に栗駒山の頂上に太陽が沈む,ダイヤモンド栗駒が見られる場所はどこかとカシミールを使って調べていた。答えは意外でした。
「達谷の窟(たっこくのいわや)」と出たのでした。
同時に達谷の窟の背後にある世界遺産の平泉の周到な立地に,はっと気付かされた思いがしました。

達谷の岩屋
2017.3.20の太陽が沈む栗駒山(達谷の窟から見て)

「達谷の窟(たっこくのいわや)」は重要な土地で,奥州征伐を果たした源頼朝も立ち寄っていることが「吾妻鏡」にも載っています。坂上田村麻呂の鬼征伐伝説の舞台がここです。

達谷の窟 042-2s

平泉の南側を東西に区切る太田川を遡ると,この達谷の窟にたどり着きます。達谷西光寺達谷窟毘沙門堂と言われ,北を守る毘沙門天が本尊となっています。天台宗です。かつては中尊寺も天台宗で,北上川流域の天台宗の寺は黄金時代を築いた時代が偲ばれます。
この地にちなんで鬼伝説があるのです。
この地に悪路王・赤頭・高丸という蝦夷がいました。坂上田村麻呂を征夷大将軍に任じ、蝦夷征伐の勅令を下します。延暦20年(801年)、坂上田村麻呂は窟に籠る悪路王等と戦い、激戦の上これを打ち破り首を刎ね、蝦夷を平定しました。
そしてこの地に毘沙門堂を建てたのです。この辺りの経緯を知りたい人は高橋克彦のアテルイの話「火怨 北の燿星アテルイ」(講談社文庫)を読むと分かりやすいです。

毛越寺庭園 148s
毘沙門堂の隣にある磨崖仏  目鼻とか分かりますか。

坂上田村麻呂伝説と鬼退治,そして修正会(追儺ついな-鬼やらい)が密接に結びついているのです。
「田村三代記」に載る達谷の窟を舞台にした辺りを内藤正敏氏の訳で引き出してみましょう。第四之巻です。
田村丸は都に着くとすぐ参内し,一部始終(高丸を討ち取ったこと)を奏聞した。帝は御感浅からず,田村の高名,立鳥帽子の神通に,言葉も述べられずとの宣旨だった。
翌年四月,勅使が来て参内すると,奥州桐山の絶頂に大嶽丸という鬼神が現われた。このままにしておくと日本の人種が全滅するという加茂の神勅が出た。急ぎ奥州へ下って大嶽丸を征伐せよ,という宣旨が下った。
田村丸は家来の霞野忠太を連れ,王城鎮守の稲荷,祇園,加茂,春日,貴船,男山八幡,特別に清水の観世音に深く祈り,吉日を選んで住吉,四社を拝んで出発した。
田村主従二人は商人の姿に身をやつし,逢坂の関を越え,(中略)古川,一ノ迫,二ノ迫,一ノ関,二ノ関を通って磐井川近くの達谷の麓にたどり着いた。(ここで四之巻は終わり)
立鳥帽子は眷属共を神通の縄をかけて,大嶽丸が留守の間に達谷の窟の門を開けて,田村丸を奥へと案内した。そこへ出かけていた大嶽丸が帰ってきた。大嶽丸はすぐさま桐山(岩手山か)に籠り,都へ上り帝を微塵にする神通力を身に付けようとしていた。大嶽丸によって神通の縄を解かれた眷属共は田村麻呂の四振の剣で討ち取られた。大嶽丸は桐山から箟嶽山きりんの窟に逃げ込んだ。四振の剣は隠れていた大嶽丸の身体を四つに切り裂いた。首は「鬼首(おにこうべ)」に飛んだ。身体は佐沼の郷に守らせておかせた。後に地名も大嶽とし観音堂を建立した。

毛越寺庭園 352-2s
中尊寺の寺領 骨寺村にある若神子社

そこで早速達谷の窟に行って栗駒山がどう見えるか,確かめてみました。
しかし,どこからも栗駒山を見ることができませんでした。不可能な夢になったのです。

しかし,栗駒山周辺と平泉と古代の物語が不思議に照合することを感じました。地形地勢に埋もれた大地の原理が顔を出した思いです。ダイヤモンド栗駒を辿ると新しい発見が見つかりそうです。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ
関連記事