FC2ブログ

ご苦労様,こうのとり6号

こうのとり6号-2bw-s
こうのとり6号 画面左上 1/31 16:54撮影 22枚比較明合成

ほとんど肉眼では確認できなかったため,写真で確認しました。通過時刻の写真22枚分を一枚一枚光跡が見えるように処理してつなげました。

こうのとり6号を見たい,撮りたいと思っている内に任務完了で明日すぐに帰ってくるときが来てしまいました。
何日か見てみましたが,残念ながら肉眼では確認できませんでした。
写真で確認しました。こうのとりの部分を拡大して見ます。

こうのとり6号-2bw-tr
拡大しました。ISSに比べてかなり暗いです。一枚3秒の22枚ですから66秒分ということになります。

うっすらとしか出ませんでした。ISSはかなりはっきり出るので見てみましょう。

ISS1月3日-2ss
ISSの光跡拡大 かなり明るいですね。

なにせISSは全幅長108.5mありますからね。こうのとりの全長5m弱では光の当たる面積も1/22になってしまいます。しかし,ちゃんと写ってくれて嬉しかったです。

さて,当然チャンスがあれば大気圏への再突入平成29年2月6日(月)つまり明日午前0時06分頃(日本標準時)に撮れたらなあと誰もが思います。しかし,南半球突入のようですからここでは写せませんね。残念なことです。

こうのとり6号は昨年12月に打ち上げられて58日間の任務を完了し,戻ってきます。
2016年12月9日22時26分47秒(JST) - H-IIBロケット6号機(H-IIB・F6)を種子島宇宙センターから打ち上げ。その後、約15分11秒後にロケットから正常に分離。
2016年12月13日19時39分(JST) - ISSロボットアームにより把持。
2016年12月14日3時24分(JST) - ISSとの結合を完了。
2017年1月28日0時45分(JST) - ISSから分離。
そして「HTV搭載導電性テザーの実証実験(KITE)」という宇宙ゴミを除去するテザーという通電しているワイヤーを伸ばして掃除をします。これも大切な実験です。

こうのとり6号には,宇宙ステーションから交換して不要となったバッテリーや機械類等が積まれて大気圏への再突入します。平成29年2月6日(月)つまり明日午前0時06分頃です。

ご苦労様「こうのとり」6号。ゆっくり休んで下さい。
7号はきっちりと観察,撮影したいものです。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ
関連記事