FC2ブログ

春告花うめ『武蔵野』

うめf春告花うめ
うめ2雨を集めて
雨波紋
 やっとウメの花が咲きました。春を告げる雨がしとしとと降り続いて,やっとさっき止みました。
 雨の雫を受けた咲いたばかりのウメの花は,少し重そうですが,「咲いたよ」という歓びの声を上げているようでした。
 くもりの日はまたいいものです。
日差しが柔らかい分だけ,コントラストが低く,フラットな写真が撮れます。したがって見ようとする光景も晴れの日とは全くちがってきます。くもりのちょっと憂鬱な気持ちでファインダーをのぞくと,見た景色の中から自分の中にことばが生まれてきます。この心の中から湧き出ることばによって,わたしの目はシャッターを押します。

今日の本
国木田独歩『武蔵野』
春にふさわしい一冊です。この本を読んで,自然の美しさにこだわろうと思った日。
自分の中に湧き出すことばは足りなくても,見ることでそれを補おうと考えました。いつか自然のその美しさを身体いっぱいに受け止めようと歩き続けた日もありました。
武蔵野 (新潮文庫)武蔵野 (新潮文庫)
(1949/05)
国木田 独歩

商品詳細を見る

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
 
関連記事

コメント

非公開コメント