FC2ブログ

踏切でふと考えた

とまれみよ-2gs
ここに踏切があった

鉄道の風景を見ていて「こんなところにこんな踏切があったのか」と昔の様子が偲ばれる景色に出会えることがあります。
例えば,写真のこの踏切ですが,一方が道路で人家が道沿いに何件かありますが,踏切を渡ると人家も何もないのです。ただ田んぼがあるだけです。そうです。田んぼに行くために存在した踏切なのです。一回気仙沼線で鉄橋をスコップを担いで歩く地元の人を見たことがありました。農作業の帰りのようでした。後に私も渡ることになりました。なぜならその鉄橋を渡らないと行けない場所があったのです。驚くかもしれませんが,遠回りすると車では行けない場所があるのです。つまり踏切や鉄橋が生活道路だったのです。線路によって遮られた生活空間を取り戻そうとする景色が踏みきりや鉄橋として残っているわけです。踏切とは興味深いところです。



にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へにほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
関連記事