夕暮れの閃光

金曜気仙沼線 053-2s
夕暮れの閃光

今の季節は山も一斉に花が咲いて,各地の里山ではホタルの季節です。どっちにも行きたくてうずうずしているのですが,順番を決めて資料は集めたり,調べたりしますが気持ちだけが先走っているようです。まあぼちぼちと近場から回ります。暑いですが楽しみを持って夏を過ごしたいものですね。本も枕元にうず高く積まれた状態になっています。

居待ち月-2s
坂の上に昇る居待ち月 7/11撮影

河北新報に田束山(たつがねさん)のヒメボタルの写真が載っていました。近くなので行ってみたいと思い,地元の南三陸観光協会に電話してみました。
すると返事は「環境保全のため,教えられません」との返事です。

なるほど確かにそうだと思いました。この時代,いいところはまたたく間に人に占領されてしまうのです。自分で苦労して見付ける労力もまた自然に入っていくためのルールなのかもしれません。自分の秘密の場所は苦労して自分の足でかせいで見付けましょう。

金曜鉄橋-2gs
晴れた空見上げて


鉄道シーンを撮るようになって2年目ですが,鉄則があって電子表示が切れないで,全車両が構図に入っていて,端正に撮れていること,車両に光が適度に回っていること等,条件がたくさんあることが分かってきました。私はどちらかというと日中は仕事なので星や月などを絡めた夜のシーンが多くなります。その中で表現したいと思っていますから,言わばルール違反から始まっているようなものです。自分には「自由に撮れればそれでいいや」という妙な開き直りもあり,その点でいましめながら撮らないといけないという気持ちにもなっています。



にほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ
関連記事