描き加えられた星-東山魁夷絶筆の意味-

IMGP2474-2s.jpg
海から昇る天の川

先日宮沢賢治の「チューリップの幻術」の話をしましたが,最後に引用した川端康成が妙に懐かしくなってしまって,ちらちらと「巨匠の眼」という本をめくっていた。
巨匠の眼


現在,岩手県美術館では「巨匠が愛した美の世界 川端康成・東山魁夷コレクション展」が開かれています。川端康成のコレクションと親交のあった東山魁夷のコレクションを展示して彼らが求めた美の世界を浮き彫りにしようという企画展です。新資料展示もあります。行けるといいですね。

さて川端と深い交友のあった東山魁夷が川端康成の死を知ったのは天草灘を見る九州天草下島の下田温泉の旅館から星の光を見て,妙に気にかけて床についた夜でした。
1972(昭和47)4月16日でした。川端が自殺したのは。
空に低く上弦の月が懸かっていた。弓弦を水平に張って,安らかな,ひかえめな月の姿だった。その真上に,明るい,大きな星が一つゆらゆらりと光り輝いている。
その星は何か尋常ではないものと感じさせた。澄んだ涼しげな宵の明星であるが,その閃き,迸(ほとばし)り出る光睴(こうこん)は,今にも,空に流れ出して,透明になり,消え去ってしまうのではないかとさえ思われた。生命の瞬間の輝きとも見えた。
この後,眠りを絶たれたのは川端の訃報を知らせる電話でした。

何とも魅力的な文章ですが,ステラナビゲータで東山魁夷が天草の下田温泉で見た星空を再現してみました。

川端が死んだとき-2
川端康成が死んだ,1972(昭和47)4月16日の宵の刻の星空

三日月が懸かり,その上に一際輝く金星が見えます。星の名前を入れてみましょう。確かに忘れられない夕暮れの星空です。

川端が死んだとき-2ロゴ入り
川端康成が死んだ,1972(昭和47)4月16日の宵の刻の星空

話はここからです。
今日話したいことはこの川端が死んだ日から27年経った東山魁夷の最後の作品「夕星」についてです。

まず東山魁夷が最後の力を振り絞り,構想を固めていった「夕星」の習作から見てみましょう。
「夕かげ」と名付けられた平成7年の習作です。

夕かげ 平成7
習作として描いた「夕かげ」1995(平成7)

そして完成したのが1999(平成10)年です。東山の最後に辿り着いて仕上げた作品は「夕星」というタイトルになりました。
そうです。彼は画面真ん中に輝く星を描き加えたのです。

夕星-2
東山魁夷の絶筆「夕星」

星が描き加えられた意味はなんだろう。
「巨匠の眼」の著者は,「夕星」の作品解説でそのように読者に語り掛けます。

私は「星を描き加えた」意味が分かるような気がします。東山魁夷が「描き加えた星」こそ,川端の死を知らされた,あの天草の地で見た星そのものなのです。1972(昭和47)年4月16日。この日の金星の光度は-4.4等。金星の出は8:05。入りは22:37。

東山魁夷は最後の作品に川端康成を永遠の星の光として描き加えたのです。
美を追究する仲間として尊敬の念をもって自分ができることはやり遂げて東山魁夷はこの世を静かに去りました。今日東山魁夷の作品は美の星となり光り輝き続けています。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ
関連記事