宮沢賢治「チューリップの幻術」その3-白い色-

焼石岳 430s
白い花 ハクサンイチゲ

今日から「チューリップの幻術」の作品に入ります。やっとという感じです。先回は「マグノリアの木」を取り上げました。そして今回から「チューリップの幻術」です。

作品「チューリップの幻術」は,初期形が「若い研師」から(1)「若い木霊」-「タネリはたしかにいちにちかんでいたようだった」になる流れと,初期形が「若い研師」から(2)「研師と園丁」-「チューリップの幻術」となるという流れで再改作されている作品です。「若い研師」の第2章が「二、チューリップ酒」です。ですから「チューリップの幻術」はアイディアとして最初から温められ,仕上げられた作品だと言えるでしょう。「若い研師」を読みますと「二、チューリップ酒」は改作しても殆ど変わらず内容を付け加えて「チューリップの幻術」となったことが分かります。

ところで先回の「マグノリアの木」では,大切なキーワードとして「マグノリアの木は寂静です」という表現が出てきました。つまり絶対的な善はマグノリアの木に,そして花びらに,そしてかぐわしい香りに現れ出てくる。また今見えている峰にも暗い密林にも善は現れ出ている。この「現れ出てくる」という意味は,ある意味が具体的なこの世の形になって現れ出てくるということです。つまり「顕現してくる」ということなのです。
実は「チューリップの幻術」の主人公になる,小さくて,白く,形の良いチューリップを最初のイメージの「」若い研師」では,「寂静」と書き表しているのです。そこの部分を完成形の「チューリップの幻術」から読んで見ましょう。
「よう、ご健康を祝します。いい酒です。貧乏な僕のお酒はまた一層いっそうに光っておまけに軽いのだ。」
「けれどもぜんたいこれでいいんですか。あんまり光が過ぎはしませんか。」
「いいえ心配しんぱいありません。酒があんなに湧きあがり波を立てたり渦になったり花弁をあふれて流れてもあの(寂静なしづかな 両方とも墨で削除)チュウリップの緑の花柄は一寸ちょっともゆらぎはしないのです。さあも一つおやりなさい。」
つまり賢治はマグノリアの大きく白い花に悟りの寂静を見て,チューリップの白い花にも悟りの寂静を見ていることになります。つまり「白い色」に悟りの意味(寂静)を重ねていたのではないかと思われるのです。

そこで,賢治は他の作品でも意識している,いないに関わらず,「白」に「寂静」の意味を重ねていたのか,と問うことはできます。闇夜の稲妻に浮かんだ「ガドルフの百合」はどうか。他の作品での「白」の使われ方や使い方の頻度はどうなのか。

焼石岳 954s

「春と修羅」第一集の70編の詩,文字にして4万弱を検索できるようにしておき,賢治の色の取り上げ方の頻度を調べてみました。賢治はどんな色をよく使ったのか。感覚が最も鋭く立ち現れてくる詩,「春と修羅」の言葉を吟味してみることにしたのです。以下が,その結果です。
賢治は作品でどんな色を多用していたか「春と修羅」編
青124回
白 70回
黒 57回
赤 50回
銀 34回
金 31回
黄 29回
緑 24回
以前「銀河鉄道の夜」の全文検索をした時にも似たような結果になりました。結果を載せます。
賢治は作品でどんな色を多用していたか「銀河鉄道の夜」編
青  84
黒  49
白  41
赤  34
銀色 29
黄  16
この結果から「賢治は青の詩人」だと思ったわけです。
ところが「白」の使われ方の頻度もかなり高いと思います。

白馬84 413-2gs
雲湧く白馬岳の朝

賢治の色に託すイメージにはとても重要な表現上の意味がありそうです。この点を掘り下げながらも次の特徴もあげなければいけません。実はマグノリアの花も,チューリップの花も具体的な描写が少ないのです。「チューリップの幻術」で最も大切な役割を果たす白いチューリップでさえ,「黄色のとなりの」「小さい」「白い」「形がよい」という限られた表現しか出てきません。この限られた情報だけで十分物語が成立しているし,場面を的確に描き切れているのです。その描き方,叙述のスタイルにも賢治らしさがあるのです。

次回に続きます。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事