全肯定の理論-フンボルト紀行-

9月土曜 075-2gs
秋の月 9/2撮影 陸羽東線 上野目駅

やっと晴れ始めましたね。嬉しいです。
早速月齢11の明るい月の下で夜の雰囲気を楽しみました。夜の気温は14℃。寒いです。

さて,先回からフンボルトの話を始めましたが,彼の探検は南米に5年ほどいて,アメリカでジェファーソン大統領と会い,帰って来ました。簡単なところから説明していきましょう。
まず,またフンボルト熱が復活したのは今年出版された「フンボルトの冒険」がきっかけでした。下の本です。

フンボルトの冒険

この本はよく調べ込まれていて,時代の寵児フンボルトがどれだけの底知れぬ影響を現代に至るまで与え続けているかも確かめられる嬉しい内容になっています。科学史や思想史や歴史を考える時に,私たちは「すぐ分かる科学史」「すぐ分かる思想史」といった本ばかり読んで納得しようとしますが,納得なんてできるはずがありません。その人の生き方や考え方を追体験することで初めて生きた知識として私たちの身体に入ってくるのです。へんな受験みたいな勉強はやめてフンボルトという人のせっかちさやエネルギッシュさに驚きましょう。それだけで19世紀の雰囲気が分かるのです。

さて横道にそれました。

フンボルトが友ボンプランと南米に向けてスペインを出発したのは1799年6月5日のことでした。最初の目的地はベネズエラのクマナです。途中,大西洋カナリヤ諸島のテネリフェに立ち寄り,一週間ほど過ごしました。地図を見てみましょう。ベネズエラの国です。首都はカラカス。マークした点がクマナです。
ベネズエラ クマナ-s
フンボルトが南米で最初に上陸したクマナ

クマナに着いたのは出発して41日後でした。単純計算で7月16日辺りになるでしょう。着いてからゆっくりと南米のもの珍しいものを調べ始めて,首都カラカスの方へ移動していきます。ここでフンボルトの探検のルートを紹介しておきましょう。下の地図を見て下さい。

地図 003-2gs
フンボルトが探検したルート

まず,探検の目的は先回の記事で紹介した幻の川「カシキアーレ」の存在を確かめることです。
ついにカシキアーレを見つけ,カシキアーレ川がアマゾン川の支流のネグロ川から始まり,オリノコ川に通じているということを発見したのでした。つまりアマゾン川とオリノコ川がカシキアーレ川で繋がっていたという事実が分かったのでした。言っときますけど,これは大発見ですね。1540年頃のピサロの探検以来ずっと250年余りも秘密のベールに包まれていた幻の川ですから,発見したら大発見です。
それを書いた地図が下の地図です。

Canal_do_Cassiquiare.jpg
幻の川カシキアーレを書いた地図(Wikiより転載)

ここに辿り着くまでの苦労はすごいです。その分辿り着いて見た楽園の景色はどんな人が描いた絵よりも妖しく美しいです。その記述についてはまた後で取り上げる事にしましょう。

今日はフンボルトが見たしし座流星群の話です。1799年11月12日未明に,ものすごい流星雨を見たと記録しています。時期的にしし座流星群でしょう。次から次へと月の3倍以上の長さの尾を引いて空を埋め尽くす程流れたと言います。私たちも2001年に素晴らしいしし座流星群に出会いましたね。あの夜は忘れられません。
南米を往くフンボルトにラッキーにも降り注いだ流れ星を見て,本当に来て良かったと彼は幸せの絶頂にいたはずです。ここでフンボルトが見たしし座流星群の夜の空をステラナビゲータで再現してみました。南半球の素晴らしい星々がフンボルトに目に写っていました。

フンボルトが見たしし座流星群17991112-2フンボルトが見たしし座流星群の星空 1799年11月12日未明

彼は一度見たもの正確に覚えていて忘れないという特技があったそうです。彼の灰色のデータベースには,瞬時に今まで見たものと南米で初めて見たものとが,形態の相同性や近似性というパターンで処理されていたようです。地理学,動物,植物,天体,地学などすべての情報がスーパーコンピュータのように彼の灰色の頭脳にインプットされていくのです。


最後に,フンボルトはどんなに困難な山登りでも次々と行う人物だったそうです。必ず山登りを調査に入れます。なぜこれほどにと思われるほど山登りをするのです。これは彼が自然を知るきっかけが山登りにあると信じて疑わなかったこと。自然に対して「全肯定」の態度でいることを物語っています。この世の全てを自然は宿しているという態度は自然は嘘をつかない,自然こそが自分に全てのものをもたらしてくれるものだという信念が脈々とあったからです。確かに地球の自然は,見事なバランスと関係の中で成り立っています。世界中をくまなく歩きたい。すべてを知りたい。
自然という飽くことのない秘密の多様性に対して全肯定でいられること。

クマナに着いたフンボルトは手紙に書きます。
「まるで魔法の世界のようだ。」
どこを見ても初めて見るもの。ヤシの木には赤い花が咲き乱れ,魚や鳥は競ってあざやかな色を身にまとい,ザリガニでさえ青や黄色だった。
「ぼくたちは正気を失ったかのように走り回っています。」
「すばらしいものがこう続いては頭がおかしくなりそうだ。」
日中は動植物の最終に励み(彼がヨーロッパに持ち帰った標本の4割が新種だったそうだ),夕方にはそれらをノートに記録し,夜になると天文観察をした。フンボルトは憑かれたように調べ,地球の隙間を埋めていった。いや自分の灰色の脳を埋めていったのです。睡眠時間は数時間だけで事足りる。

フンボルトにとって自然は汲めども尽きることのない「全肯定」そのものでした。文句を言われることもなく,否定され傷つくこともない。自然には間違いなく自分のすべてを許してくれ,すべてを無条件に開いてくれる「全肯定」があります。人によって,自然に開眼すると,この「全肯定」が訪れます。不思議なことです。宮沢賢治も山登りでした。彼も終生自然を記録し続けました。それを普通,情熱と言いますが,何か凡人とは違う情熱であることは確かです。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ
関連記事

コメント

Re: フンボルトの冒険

mitsuさん。おはようございます。
いつもコメントをいただきありがとうございます。
「フンボルトの冒険」が4人待ちですか。人気があるんですね。いい本だと思います。
今年の夏は晴れなかったので,久し振りに本もよく読みました。

> 市の図書館へ「フンボルトの冒険」を借りに行ったら、4人待ちで予約してきました。
> こちらのブログをご覧になった方々かもしれませんね。

フンボルトの冒険

市の図書館へ「フンボルトの冒険」を借りに行ったら、4人待ちで予約してきました。
こちらのブログをご覧になった方々かもしれませんね。

Re: 星や月

> こんばんは。
> 晴れ間が出て、
> また星や月の写真を拝見することができ
> 嬉しいです。

ありがとうごさいます。これからは気持ちの良い季節になります。あと10日でマガンもやってきますね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

星や月

こんばんは。
晴れ間が出て、
また星や月の写真を拝見することができ
嬉しいです。
非公開コメント