FC2ブログ

黒沢清の新作「散歩する侵略者」  

マガン初飛来 121-2s
ヒガンバナ咲く

359500_02_01_02.jpg
散歩する侵略者(2017)

9月9日に公開された黒沢清の「散歩する侵略者」を記念してwowowで「ダゲレオタイプの女」(2014)と前田敦子の「セブンスコード」(2013)を放送しました。一方,「散歩する侵略者」をテレビ用に「予兆  散歩する侵略者」を今日から放送するということです。先日録画した 「ダゲレオタイプの女」(2014)と「セブンスコード」(2013) を観ましたが,「セブンスコード」前田敦子主演で,秋元康から頼まれたのでしょうから,それなりの作品でした。もう一つの 「ダゲレオタイプの女」(2014)はすべてフランスで作られ,スタッフも全てフランスですから黒沢清に監督をして下さいと特別な指名があったのでしょう。

news_xlarge_dagereo_20160810_01.jpg
「ダゲレオタイプの女」(2014)

ゴシックホラーと称されているこの映画ですが,堅実なロマンスとなっていて,ダゲレオタイプという写真技術の復活に賭ける厳格な芸術家である父とその写真モデルである娘のマリー,同じようにモデルをしていて自殺した妻を設定に,助手に採用されたジャンが初めて訪れるところから映画は始まります。私の興味はただただ黒沢テイストがどのように出てくるかということばかりです。自殺した妻が徘徊する屋敷にはモデルの2代目になった娘のマリーが60分,70分,120分と動かずにモデルを務めるという過酷な撮影が続きながらストーリーは展開していきます。
私は黒沢作品で衝撃を受け続けてきたファンですから,特に叫 (2006),LOFT ロフト (2005),ドッペルゲンガー (2002),アカルイミライ (2002),回路 (2000),カリスマ (1999),CURE キュア (1997)などは大好きです。これらの作品群がどのように成熟されていくのかが最も興味あるところなのです。彼の作品を観た感想を以前このブログで次のように書きました。
他者はいともたやすく「あなたの中に侵入してくる」,むしろ暴力的に侵入してくるものに対して,いつも人は自分を守るすべがない。他者が入ってくることを止められない,自分自身を守ることなどできないのだ。と映像で言い切っている。
 「叫」の冒頭の夢のシーン。壁であっても,窓であっても,不透明なシートであっても,侵入してくるものにとっては障害でも何でもない。他と隔てているはずの壁など,全く意味がなくなる。まさに肉体や心は,すべてすぐ壊れる壁,窓,不透明なシートそのものなのだ。おまけに,あなたが一瞥のもとに見た相手が,脈絡もなく,傷つけられたと感じたら,その罪によっていわれなき攻撃を受けても仕方ないのだ。現実では実際に,こういうことってある。この世に取り込まれた畏れを感ぜずにはいられない。その恐怖の表現の仕方が誰よりも卓抜している。
 私たちはかつて(信じている者は今でも),自分と他者との間の壁を取り払うことを望んできたのではなかったろうか。互いに理解し合う,壁のない世界を私たちは夢見てきた。愛。平和。そんな世界を望むことはできる。
 しかし,愛のために開かれたわたしたちの心には,同時に『幽霊もやってくる。』いつも自分の求める願いに合うものだけがわたしたちにもたらされてきただろうか。
 地震,風に揺れる木々の枝,ざわめき出す水面,光が途切れた空。いやな音とともに・・・。
 部屋の隅を見るといい。
 幽霊がいる。よく見れば,幽霊とは勝手に自分自身がつくりだしたものではなかったろうか。自分の記憶の果てに消えていった無意識世界の復元や幻影・・・。それは自分の所有でありながらまったく記憶にも自覚にもないもの。それらは自分の理解を超えた他者となって今,立ち昇ってくる。
自分の中に入り込んでくる者は,ずばり形象化されていない「あるもの」です。それらは無防備な心に入り込んできて私たちを「侵食していくなにか」なのです。その侵食されていく怖さの表現が卓抜しているのが黒沢清の力です。幽霊という形を借りて表現されることもあるし,キングの小説のように悪さをする亡霊として登場することもあります。また,エイリアンであったりもするわけです。ただ黒沢のうまさはキャラクターデザインによって造形化されたもの「他者」ではなく,あくまで気配で語り続ける雰囲気であり,戦慄する状況の醸し出し方にあると思います。「叫」では道徳が取り払われたストーリーの中に「あるもの」つまり「あいつ」は遠慮無しに入ってくるという設定です。何の関係もない相手が突然に現れてくるのです。

台風一過伊豆沼 012-2s
台風一過の今朝の伊豆沼

彼のフィルモグラフィーを見てみましょう。

予兆 散歩する侵略者 (2017)
散歩する侵略者 (2017)  
ダゲレオタイプの女 (2016)  
クリーピー 偽りの隣人 (2016)  
岸辺の旅 (2015)  
Seventh Code セブンス・コード (2013)  
リアル~完全なる首長竜の日~ (2013) 
贖罪 (2012)
トウキョウソナタ (2008)  
パルス (2006)  
叫 (2006)  
LOFT ロフト (2005)  
ドッペルゲンガー (2002)  
アカルイミライ (2002)
回路 (2000)  
カリスマ (1999) 監督/脚本  
CURE キュア (1997)

ただこの10年,黒沢映画が,かなり一般化されてきた感じがします。切っ先鋭い感じがなくなってきた感じがします。これは彼のつくる「モノガタリ」が求心力を失ってきたことを言っているのでしょうか。そうではないと思いたいです。新作の「散歩する侵略者」は彼の新境地になるのか,それとも一般化の過程を辿る作品になっているのか。期待して鑑賞したいです。

台風一過伊豆沼 069-2gs
台風一過の今朝のさんぽ道


とにかく今夜0時の「予兆」を観ましょう。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
関連記事