FC2ブログ

月の考え

夜鉄2-2gs
月齢14の月にオリオン昇る  12/2 気仙沼線 陸前豊里-のの岳

南米の農事録を読んでいましたら,満月期はその引力によって水や養分が引き上げられるので地上になる果実類の収穫に適している。逆に新月期は引力が弱くなり,地上に水分や養分が引き上げられず根に溜まっていき,根菜類や土の中になる植物の収穫に適していると書いてありました。この考えだと種まきは上弦の月に向かう時となります。段々と月が太っていき,地上へ引き上げられる力が大きくなるので発芽がうながされるということのようです。太陰暦独特の考え方を忘れないことも大切なんだなあと思いました。
私は夜の写真を好んで撮っているので,月や星の不思議な力については興味のあるところです。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ
関連記事