FC2ブログ

春の足音がほら『トカトントン』

霧の朝霧の朝
フキノトウフキノトウ
紅梅うちのウメ,一輪さく

 何かに情熱を燃やそうとすると聞こえる「トカトントン」という音。
 この音を聞くと,すべてが馬鹿らしくなる。

ご存じ,太宰治の短編『トカトントン』です。私はこれを読んだときに妙な不安に襲われました。どこからか聞こえてくる「トカトントン」。すべてのやる気を奪ってしまう「トカトントン」という音。最初に主人公が聞いたのは8月15日の詔の直後でした。こう書いてあります。


 「死のうと思いました。死ぬのが本当だ、と思いました。前方の森がいやにひっそりして、漆黒に見えて、そのてっぺんから一むれの小鳥が一つまみの胡麻粒(ごまつぶ)を空中に投げたように、音もなく飛び立ちました。
 ああ、その時です。背後の兵舎のほうから、誰やら金槌(かなづち)で釘(くぎ)を打つ音が、幽(かす)かに、トカトントンと聞えました。それを聞いたとたんに、眼から鱗(うろこ)が落ちるとはあんな時の感じを言うのでしょうか、悲壮も厳粛も一瞬のうちに消え、私は憑(つ)きものから離れたように、きょろりとなり、なんともどうにも白々しい気持で、夏の真昼の砂原を眺め見渡し、私には如何(いか)なる感慨も、何も一つも有りませんでした。」



 何をしても聞こえてくる「トカトントン」。「拝啓」で始まったこの手紙形式の作品の結びは,次のように書いてあります。



「教えて下さい。この音は、なんでしょう。そうして、この音からのがれるには、どうしたらいいのでしょう。私はいま、実際、この音のために身動きが出来なくなっています。どうか、ご返事を下さい。
 なお最後にもう一言つけ加えさせていただくなら、私はこの手紙を半分も書かぬうちに、もう、トカトントンが、さかんに聞えて来ていたのです。こんな手紙を書く、つまらなさ。それでも、我慢してとにかく、これだけ書きました。そうして、あんまりつまらないから、やけになって、ウソばっかり書いたような気がします。」



人生を次々に崩していく音。「トカトントン」

実はこの小説には最後の部分があります。手紙を読んだ男が返事を書いてよこしたのです。


この奇異なる手紙を受け取った某作家は、むざんにも無学無思想の男であったが、次の如き返答を与えた。

 拝復。気取った苦悩ですね。僕は、あまり同情してはいないんですよ。十指の指差すところ、十目の見るところの、いかなる弁明も成立しない醜態を、君はまだ避けているようですね。真の思想は、叡智(えいち)よりも勇気を必要とするものです。マタイ十章、二八、「身を殺して霊魂(たましい)をころし得ぬ者どもを懼(おそ)るな、身と霊魂(たましい)とをゲヘナにて滅し得る者をおそれよ」この場合の「懼る」は、「畏敬(いけい)」の意にちかいようです。このイエスの言に、霹靂(へきれき)を感ずる事が出来たら、君の幻聴は止む筈(はず)です。不尽(ふじん)。


というわけで今日の本は
ヴィヨンの妻 (新潮文庫)ヴィヨンの妻 (新潮文庫)
(1950/12)
太宰 治

商品詳細を見る


クリックしてね↓
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはー♪

初めまして!
こんばんは☆
アリバイ会社をやっているものです☆

素敵な写真ですね☆

お互いがんばりましょう!!!

また遊びに来ますッ(^ ^)Ь
非公開コメント