FC2ブログ

春色の・・・『象鯨図屏風』

春水の色春色の水 春色の波
春の匂い春色の香り
春の夕暮れ春色の夕暮れ-岩手県東山町-

今日の本
『動的平衡』福岡伸一
『象と鯨図屏風』伊藤若冲
『エレファントム』ライアル・ワトソン


 2008年に北陸のとある旧家で見つかった屏風は「伊藤若冲」の絵であることがわかった。『象と鯨図屏風』と名付けられたその屏風は,縦159?,横354?と非常に大きなもので,鑑定した人が言うには,若冲の1749年頃の作品と判定されたそうだ。

鯨図
六曲一双の左「鯨図」
象図
六曲一双の右「象の図」

 でも不思議なのは,どうして象と鯨という組み合わせなのだろうと思いませんか。象と鯨の組み合わせには何か意味があるのでしょうか。そんな素朴な疑問がそのままになっている折,ある読書日記のブログでこの象と鯨の組み合わせがライアル・ワトソンの本でも取り上げられていることを知り,それを書いた福岡伸一の『動的平衡』を買って読んでみました。すると最後の章にライアル・ワトソンの『エレファントム』に象と鯨の劇的な出会いがあるということがわかりました。福岡伸一が『エレファントム』から引用している部分だけ読んでも「ああ,いい話だ」と思わせるものがあります。

 1990年,南アフリカで生き残った最後の一頭の象「大母」が行方不明になりました。大母はどこへ行ったのか,ライアル・ワトソンには心当たりがありました。森を抜けた海が広がる絶壁の上。かつて大母をそこで見たことがあったのです。大母はじっと海を見つめていました。すると海の上にシロナガスクジラの噴水が立ち昇ったのです。空気を震わせながら,象の大母と鯨は話をしていたのです。一人残された陸の王者である孤独な象が,海の王者のシロナガスクジラと話をするという場面は,「ああ,いい話だ」と思います。

 しかし,1749年の若冲と1990年のライアル・ワトソンが象と鯨という奇異な組み合わせで一致したのは,偶然なのでしょうか。250年も前に,若冲は象と鯨がコミュニケーションを交わすという事実を知っていたのでしょうか。やはり不思議です。

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか
(2009/02/17)
福岡 伸一

商品詳細を見る

エレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのかエレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのか
(2009/06/25)
ライアル・ワトソン

商品詳細を見る


クリックしてね↓
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

ながしまさん。はじめまして。こんにちは。
若冲の「象と鯨図屏風」作品成立のいわれなどが解説にありましたか。若冲がこの話を知っていて,そして描いたのであれば,当時の情報のやりとりが今以上にすばやいものであったとも言えるでしょうね。機会があれば私も見てみたいと思いました。何かお役に立てれば私も記事を書いた甲斐があったというものです。また暇なときにいらしてください。ありがとうございました。

こんにちは。はじめまして。つい昨日、福島県立美術館で若冲展を観てきました。「象と鯨図屏風」の前で、即座にライアルワトソンの「エレファントム」を思いだし、いつまでも不思議な気持ちで観ていました。この不思議なモヤモヤ感、こちらの記事ですっきりさせていただきました。ありがとうございます。これからも楽しく記事を読ませていただきます。
非公開コメント