FC2ブログ

柳田国男「東北旅行」覚書3

DSC_0671-2gs.jpg
「晴れ間をぬって」気仙沼線 陸前豊里-御岳堂 7/27

7月28日午前3時 いよいよという時に満月が雲に隠れ始めました。皆既月食ですが日本では月入帯食となりました。食の始まりから雲に隠れてがっかりでした。

さて,3回目になった柳田国男の宮城県旅行の足取りを探る旅は資料と見比べながらやっと近づいてきたようです。汽車が三日間不通になる程の大雨の中,柳田は一人で旅を続けたのでした。その日程を予想しながら順に追っていきます。

柳田国男の東北旅行日程
8月2日(月)東京出発
8月4日(水)仙台出発,野蒜,小野,石巻(泊?)
8月5日(木)石巻から自動車で渡波,女川浦,そして稲井の沼津貝塚,(遠藤源八,毛利総七郎に会ったか?)
         その後船越まで行ったか(泊) 「子供の眼」に出てくる
8月6日(金)船越から船に乗って十五浜(泊?)
8月7日(土)十五浜経由で追波川を上る。そして飯野川(泊)
        同じく「子供の眼」に出てくる。「甲板に立って釜谷地区を見る」とある。


8月8日(日)飯野川から,柳津,登米,佐沼,南方-佐沼で高橋清治郎と会うか?
        どこに泊まったのだろうか。不明

8月9日(月)遅くに一関に着いていたのかもしれない。
8月10日(火)一関で朝,水害の状況を見ている。「町の大水」

8/10~8/12まで鉄道は不通だった。(佐々木喜善日記より)

(大正9年8月の水害)盛岡の水害の様子 大正9年8月11日毎日新聞より被害の様子
9年8月4日以来,10日まで降りつゞいた雨は,各河川の増水を見,北上川の1丈2尺(約3.6m),中津川の9尺(約 2.7m)より,雫石川・簗川等の増水あり,各方面の被害が少くなかった。
どうやら南に台風が来ていたようです。その影響でしょう。

8月12日(木)一関出発,岩谷堂,人首
8月13日(金)遠野着夕方か 高善旅館から佐々木喜善に到着したと知らせる使いが出される「佐々木喜善 日記から」 
8月15日(日)遠野出発

DSC_0739-2gs.jpg
緑陰の候 

今日は登米歴史博物館の企画展関連講座でした。「登米地方のザシキワラシ」と題して,高橋学芸員が柳田国男,佐々木喜善,地元の高橋清治郎,地元出身ながら八戸に移った中道等,ニコライ・ネフスキー達の交流から生まれてくる登米地方のザシキワラシ三話を解説しました。ここに宮沢賢治も入ります。なんとも心がわくわくする大正時代の出来事なのでした。ここに目を付けたことは素晴らしいと思います。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ
関連記事