FC2ブログ

一羽のハクチョウに出会って その4

DSC_1508s.jpg
やっと差し出したパンを食べてくれるようになった矢先

やっと差し出したパンを食べてくれるようになった矢先の5/21のことでした。
飛べなくなったハクチョウ(ハクちゃんと呼んでいました)は忽然と姿を消したのです。おいしそうにパンを食べるようになってすぐにでした。わたしは考えました。
「パンを食べて嬉しかったらいるはずだ。消えるはずがない。何かがこの場所から立ち去る決断をさせたのだ。自分がよいと思ってしていたことが実は相手にはやめてほしかったことだったのかもしれない。なんということをしてしまったのか。」
わたしは自分の行いを悔いました。

DSC_1906-2s.jpg
出会ってから1ヶ月

この場所ににいることが分かって観察を始めて一か月が経ちました。パートナーの死。そしてその骨を守ってこの場所から離れずにいることが分かり,その愛情の深さに参りました。しかし,緑濃くなり,餌が少なくなってきたことが心配でした。田んぼに入る機械や人に追い立てられる姿を見ても心配になりました。どうやったら応援できるのだろうと悩みました。とにかくも元気でいる姿を見るに付け,その日ごとに安心はしましたがもって快適にはできないかと考えました。農作業をしている近くの田んぼの農家の人に訴えました。

そうした時に忽然と姿を消したのです。
ショックでした。自分の思いが否定されたような気持ちになりました。


DSC_1441-2s.jpg

しかしそんなことは言っていられません。
事故かもしれません。とにかくも探すことにしました。2日経ち,3日経ち,一週間,二週間と見つからないときが過ぎていきました。
こんな長い期間姿が見えなくなることはなかったのです。

そして一か月も過ぎてしまいました。
周辺をくまなく探し回りましたがさっぱり分かりません。
わたしは暗然とした日々を送りました。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへにほんブログ村 写真ブログ 鉄道風景写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 東北の鉄道へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント