FC2ブログ

燃え上がる朝-伊豆沼-

DSC_9239-2ホフgs
燃え上がる朝 10/22撮影

枯れたハスが美しくなってきた。
そう言えば,枯れたハスにこだわって枯れハスの絵を描き続けている人がいた。
その方が亡くなってしまったという。どうして枯れたハスだけを書き続けていたのか。とにかく作品には枯れていくハスの寂寥感が強く漂っていてわたしは好きだった。無秩序に交錯し合う曲線が人を不安にさせたり,時に嫌悪感さえ感じさせたりする。暗く重なり合う枯れてまだらに染みとなっていく色の模様や干からび唐突に折れていく線が実に強く心に染み込んだ。そんな様々な感情を涌き起こさせる絵だから優れていたんだと今は思う。
その人が言った。
「いつまで経っても完成しないわ」
人間には空から降ってくるものをことごとく浴び続け,地から涌いてくるものをことごとく受け入れるしかすべはないのかもしれない。周りにあるこの現実の全てを許すという「全肯定」しかないのかもしれない。枯れハスの絵の中でハスは枯れ続けている。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事