FC2ブログ

乱歩ひと言「封印された時間-百姓一揆覚書き8-」

時行神社ぐるぐる-2gs
時行神社の夜 昨夜12/30撮影
この神社がわたしが今覚書を書いている百姓一揆が起こった場所です。

WOWOWで「リング」一挙放送を全て録画して,少しずつ観ているのですが,家族が怖いの嫌いと文句を言って全く進みません。結局皆が寝静まった深夜に観ようとしますが,寝てしまいます。昨夜は一旦寝て苦労して起きてテレビをつけたら,なんとBSプレミアムで「シリーズ深読み読書会「江戸川乱歩“孤島の鬼”」」をやっていたので「リング」そっちのけで江戸川乱歩を観てしまいました。文学探偵と称する出演者達が,佐野史郎,綾辻行人,高橋源一郎,鹿島茂という面々でおもしろくないはずがないと思って観ました。

その中で妙に共感したところがありました。
「文字によって世界を知った者は,その力で自分を表現し,世界をつくりあげようとする」と言ったくだりがありました。短編はアイディアでひと息に書けるは高橋源一郎が言った言葉ですが,本格長編となると苦しみ続けることになります。何度も筆を折りながらなんとかこぎつけたのが,この「孤島の鬼」という作品なのですね。乱歩は日本で最初の本格長編に挑み,生みの苦しみの中で「文字によって世界を知った者は,その力で自分を表現し,自分をつくりあげようとする」という作業に没頭したのです。
わたしもそんな思いにとらわれていた時代がありました。だれも踏み込んだことがないような言葉だけで作り上げられる世界をバベルの塔のように建設しようとしたのです。確かに取り憑かれたように書きました。簡単に言えばアニメ「おもいでぽろぽろ」の中で,主人公の雫が一生懸命物語を書きますね。学校休んだり,成績は急降下しても今の自分はバロン男爵の物語を完結しなければ前へは一歩も進めないといった状況です。あの感覚に取り憑かれたのです。自分の生きている証をつくりたい。その拠り所は自分にとっては言葉なのだ。そう信じて真っ向から世界を自分の言葉だけでつくりあげようとしたのでした。
江戸川乱歩の「孤島の鬼」もそうした自分を極限まで追い詰めて,描き切るところに魅力があったのではないでしょうか。孤島の鬼は昭和4年1月に朝日創刊号(1巻1号)に始まり,昭和5年2月まで十四回に渡って書かれていたそうだ。乱歩34~35歳になろうとしていた時期だった。変幻自在に作り上げられるプロットはまさにエンターテインメントだと言うことができる。そこには制限や法律や道徳など一切必要がない。言葉によって作り上げられる世界があるだけです。それが「文字によって世界を知った者は,その力で自分を表現し,自分をつくりあげようとする」意味です。

DSC_2665-2gs.jpg
お社への道

さて明治二年に起こった百姓一揆の件ですが,今日が渴命書本文の最後です。
先回は以下の所を入れました。

一、 御城ヘ十日夫被召仕日用代御上様より被下置事ニ相聞得申候處一圓御渡り無之此段も申上候事⑩
一、 舊大肝入田口善作御拝領籾郡中へ新備ト名付御割付罷成候處此段も申上候事⑪
一、 西郷下村土手御普請肝入千葉彌惣太舊主願之由ニ承候處郡中村々一統人頭一人前六七人ツツ割付相成不出之分代八百文ツツ被取立候事⑫
一、 辰ノ十二月御郡奉行様為諸入料代三百文ツツ被取立候事⑬
一、 辰ノ御貳才御替金一圓御渡無御座候、此段も申上候事⑭
最後の方は次のようになっています。
一、 山立猟師共召仕ニ罷成御用ニ相立候者共ヘ金十匁ツツ御渡罷成由ニ承候ヘ共御郡の内ニハ半高位ニ相渡候村も有之一圓御渡無之村も有之是等之儀ハ御郡切村切之御改格に候ハハ無余儀奉存候間合體之者ニ斗被相渡候儀不分ニ有之候事⑮
一、 月溜銭と申ハ余郡ハ一統江被相返候ヘ共當郡ニ限リ村方より被相返候村も有是等之儀此度旁々ニ付別ニ御改格を以御郡村切之御國制ニ被相出候哉不分ニ有之是等も御吟味被成下度奉願上事⑯
一、 去年御軍事ニ付真坂町より加入馬之首尾相成候節大肝入りより郡村へ首尾落ニ在之候迚人頭壹人ニ付不少ニ割分相成候處小昧不相當ニ存彼是申出候處半分ニ御引方被下候迚百七十文ツツ被御取立相成候事⑰
一、 四ヶ年前ニ夫喰拝借被下置候節大肝入集より市中相場より壹升ツツ安直段ニ組切ニ壹俵ツツ被買取候事⑱
一、 此度佐沼町御盬蔵へ御貯被為在候御盬段々承候ヘハ一宇御川下相成候でハ郡中一統何よりの迷惑にて候間御蔵ニ有丈惣郡中江拝借被成下度是又連名を以て奉願上候事⑲
一、 此度御挽方相成候籾ハ不及申御蔵へ御貯被為有候米共に一宇郡中ニ御貸付不被下候而ハ実ハ昨年之御軍事方旁々ニ付てハ不少諸かかり多ニ付小昧一統難渋之者共殊更當一作之見詰無御座候體ニ候間何卒御拝借被成下度郡中人頭之者共前文申上候通り屋形様東京御慎ニ付候てハ是非々々御迎ニ罷登り是迄之六拾貳萬石之屋形様ニ奉仕立不申候てハ難相成郡中一統佐沼大嶽山へ寄合相立吟味仕候處小昧一統不承知之者も無之何も同意ニ御座候間華って仍てハ前文之通リ奉迎上候様御下知被成下度尚前文之ケ條早速ニ御仕分御吟味被成下度外ニ拝借願申上候通リ之儀も願之通リ不残御鹽籾米等迄前文の通リ拝借被成下度拙者共屋形様御迎ニ登京致候ても家内助り候見詰相立尚一作も為致度候間何卒御拝借之程御願も屋形様御迎え御郡下知之儀も如願被成下度郡中連判以如斯ニ奉願上候                       
                                                 以上
以上が渴命書の全文です。当時の税金の制度や取り立てられ方といったものがよくうかがえる史料です。簡単に江戸時代の税金が「四公六民」と教科書で習ったよりも重く生活にのしかかり,過酷であった現実がよく分かります。

DSC_3751-2gs.jpg
朝の景色 内沼 昨朝撮影

まだまだ説明には足りない部分があります。
この覚書はまだ続きます。

ひとまずは今日は大晦日。よいお年を。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
関連記事