FC2ブログ

夜のさくら『桜の樹の下には』

種まき桜
善光寺の種まき桜
如来桜
善光寺の如来桜
夜の公園
夜の善光寺境内の公園

 本来私は夜の桜を撮る方に力を入れていますが,やっとその時節がまた巡ってきました。まず行ったのが,夜の桜を初めて撮った場所でした。ここ,高清水町善光寺です。ここには樹齢800年と言われる「種まき桜」と「如来桜」があります。残念ながら,如来桜の方は花がつかないかもしれません。だいぶ弱っているようです。元気になってくれるといいんですが・・・。
 私の好みは,一本桜です。孤高の存在で,しかも群れていないところがいいのかもしれません。
古い桜には強い「樹気」というのか,強く発する何かがあります。この「何か」というのはなかなか言葉にはできない
ものですが,気配というものでしょうか。一人で夜の桜を撮るようになってから特に感じられるようになってきました。ですから夜の桜の撮影は,桜との対話で進んでいきます。
 撮影方法はすべて勘です。F8くらいに絞り込んで,シャッターはバルブにして勘でシャッターを閉じるようにしています。そしてモニターで確かめて,表現したいところは懐中電灯で補助的に照らします。しかし,あくまで場面にバランスを持たせるための補助光としてです。一枚目の右に赤く写っているのがツバキです。画面にポイントをつけるため,懐中電灯で照らし出しました。このように,撮影はその場その場の直感に任せて5ショットくらい撮ります。1ショットにつき20分使いますから,一本の桜を撮るのに2時間くらい使うことになります。桜の季節は一晩に3か所くらい回りますから帰りは夜明け近くということもあります。しかし,星の写真を撮る人にとっては当たり前ですが・・・。

今日の本
『桜の木の下には』梶井基次郎
檸檬 (新潮文庫)檸檬 (新潮文庫)
(2003/10)
梶井 基次郎

商品詳細を見る

ソメイヨシノの「もうもうとした」桜の花々を見ると,やはりこう思いませんか。

クリックしてね。↓
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント