FC2ブログ

マイ アンソロジー-雪解けの詩-

398open56 300-2s
栗駒山 雪解けの頃

曇ってきたと思ったら冷たい空気のかたまりが渡ってきた
尾根の上からこのブナの林に霧が下りてくる
雨が来る
雨粒が落ちて葉がくるりと翻える
叩きつける雨で辺りは真っ白になる

やがて雨は止み
雲間からこの湿原に光が下りて来るだろう
霧が動き雲が走り
光が幾重にも差してくる
その光芒が湿原の花々を
祝福するであろう
ブナの梢の奥には大きな虹の帯が架かるだろう

ああ雨に風に
霧に光にさらされたこの薄汚れた身体を
浄化できるものは何だろう
清めるものは何だろう

こんな時
ただ一本の木になりたいと思う



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事