FC2ブログ

消えていく輪郭-溶暗-

DSC_5940-2gs.jpg
消えていく輪郭-溶暗-

やがて闇に溶け込んで見えなくなる。それを「溶暗」と言う。
すべての輪郭がおぼろになり夜の中に黒い底となって遠ざかっていく。そんな景色に出会いたいと写真を撮っている。しかし一つの画面で溶暗を表すとなると不可能に近く,どうしても人の「対比視覚」というものを利用することで溶暗というイメージに近づけていってしまいます。「対比視覚」,明るいものは暗いものがあることでより明るく,暗いものは明るいものがあることでより暗く感じることができる。つまり人は対比的に知覚することで得た感覚をまとめあげているわけです。かすかな明るさがあるから,より暗闇を感じることができるのです。一枚の写真の中のどこかに明るさを感じさせながら同時に圧倒的な暗闇をつくる作業が夜の文学や夜の写真の味わいになります。
わたしは今までそうした夜の世界を好んで撮ろうとしてきましたがうまくいった試しがありません。谷崎潤一郎の「美食倶楽部」や梶井基次郎の「闇の絵巻」の挿絵になる写真が撮れたらなんと幸せなことかと思ってきました。ロマン主義がその先鞭となりました。ロマン主義は夜の世界を殊更に色鮮やかに再現しようとしてきました。わたしもそんな真似事から始まったのです。フリードリヒの絵を見てため息をつき,星景写真を試みました。

DSC_5204-2s.jpg
習作1 金星の場所

カメラで暗闇を撮れば,ただの平面です。画面の中のある部分にかすかな明るさがあってこそ暗闇は引き立ちます。それがさっき言った「対比視覚」です。明るい昼であれば影があってこそ明るさが引き立つことと同じです。自然の光景の中では暗闇に灯るぽつんとした光が適当な材料となったりします。それが次の写真です。

DSC_3735-2gs.jpg
習作2 外灯

この場面では夜明けの空と雲も入れました。ところが全く空を入れず外灯だけで撮るとどうでしょう。それが次の「霧の朝」という写真です。じっと写真を見比べて微妙な部分を自分の中で考えます。すると暗闇の多い写真から起こる印象とうっすらと見える状態の写真でもどこか暗闇から湧き起こる感情と同じような感情になります。不思議です。これはぽつんと置かれた光が暗闇を誘うことになっているからだと思われます。これが対比視覚の効果なのでしょう。それでは次を見て下さい。

DSC_3220-2s.jpg
習作3 霧の朝

なぜ谷崎潤一郎の「美食倶楽部」や梶井基次郎の「闇の絵巻」の暗闇はこれほどに魅力的なのか,それを対比視覚というキーワードで写真に置き換えて考えてみました。やっとこのブログの名前「星と写真の部屋」らしきことが言えたかと安心しました。そんなことを考えてもうこのブログも10年を越えてしまいました。いつもありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事