FC2ブログ

映り込む「浄夜」

DSC_0379-2gs.jpg
飛行機雲

「浄夜」 リヒャルト・デーメル

二人の人間が葉の落ちた寒々とした林苑を歩んでいる。
月は歩みをともにし、彼らは月に見入る。
月は高い樫の木の上にかかり、
一片の雲さえこの天の光を曇らさずにいる。
その光のなかに黒い枝が達している。
女の声が語る。

私は子供を宿しています。でもあなたの子供ではありません。
私は罪を背負ってあなたのお側を歩いています。
私はひどい過ちを犯してしまったのです。
もはや幸福があるとは思いませんでしたが
でもどうしても思いを絶てなかったのです、
生きる張り合い、母親の喜びと義務を。
それで思い切って身を委ねてしまったのです、
身震いしながらも、私は見知らぬ人に我が身を任せてしまい、
そんな自分を祝福さえしたのです。
それなのに、今になって、人生は復習したのです、
今になって私はあなたと、ああ、あなたと巡り会ったのです。

彼女はこわばった足取りで歩く。
彼女は空を見上げる。
月はともに歩む。
彼女の黒い眼差しは光のなかに溢れる。

男の声が語る。
きみの授かった子供を
きみの魂の重荷にしてはならない。
見たまえ、この天地万物がなんと澄んだ光を放っていることか。
万物が輝きに包まれている。
きみは僕とともに冷たい海の上を渡っていく、
だが特別な温かさがきらきら輝きながら、
きみから僕へ、僕からきみへと行き交う。
この温かみが見知らぬ子を浄めるだろう。
きみはその子を僕のため、僕の子として産んでおくれ。
きみはこの輝きを僕に運び、
きみは僕をも子供にしてしまったのだ。

彼は彼女の厚い腰に手を回し、
彼らの吐息は微風のなかで口づけをかわす。
二人の人間が明るく高い夜空のなかを歩いていく。


DSC_5010-2s.jpg
遠い光

遠い昔に同人誌を出していた。その同人誌の題名が「浄夜」だった。買った黄色い表紙のドイツ現代詩というレクラム文庫でデーメルの詩を知った。そしてソニーから発売されていたブーレーズの「浄夜」を聴いた。そして改めて今「浄夜」を読んでみる。
月の光の下を歩く恋人達。女から告げられる懐妊。それも他の男との間にできた子ども。
男は易々とこう言う。
きみは僕とともに冷たい海の上を渡っていく、
だが特別な温かさがきらきら輝きながら、
きみから僕へ、僕からきみへと行き交う。
この温かみが見知らぬ子を浄めるだろう。
初めて読んで以来,この詩は私に「赦し」とは何かをいつも投げかけてきた。そう読んできたことは正しい読み方ではなかったのかもしれないという疑問を引き連れて・・・。この詩の中に「赦し」を読もうとする私がそう読みたがっていたとも言える。心の運動でも人は欲望に引きづられるものだ。仮象が存在を引き連れてくる。そうシモーヌ・ヴェイユは「重力と恩寵」で言った。この仮象というものを存在から引きはがすことは容易なことではない。しかし「清められる」ということは欲望を捨てることでしか見えてこない領域だと感じるようになった。無関心だ。あきらめだ。達観だ。そう,そのものを注視しなくなったときに仮象ではない本当の存在は現われるようだ。詩の中の男はそこまで辿り着いている。「赦し」を知っている。そう思った。
「赦し」とは何だろう。
わたしはまだ「赦し」を知らない。想像している仮象を見詰め過ぎている。
写り込んでいる景色に近づきすぎている。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事