FC2ブログ

陽沈み月沈むまで その2

DSC_4569-2-2s.jpg
陽沈み月沈むまで その2「陽沈む」

昨日の続き「陽沈み月沈む」の2回目 です。昨日は「月沈み」という月が沈む頃の星空の鉄道でした。今日は「陽沈む」方です。
このポイントは偶然見つけて夢中になって撮ったポイントです。難易度は高めです。何よりも天気,そして太陽の高度と位置,線路とそこにやってくる電車と,五つ程の条件をすべて一画面上で一致させなければいけません。一年のうちで今の時期,数日しか撮れない写真です。
写真の可能性を突き詰めていくとほんとに稀な写真は注意深い観察と計算によることを教えてくれます。ですから人がよく行くポイントというのはもう限界まで他人によって撮られていると考えて敢えて行かないのです。つまりいつも基本に立ち返り,自分だけのポイント探しから始めます。確かな観察力が養われます。遠くから来た方は「(撮影場所は)何処がいいですか」とよく聞かれます。そんなときには車でゆっくり周回して何処が気に入りましたかと私の方から逆に聞きます。するとその方は自分がどんな写真を撮りたいと思っているのかが段々と明らかになっていくのです。あくまで自分自身が作品として自分だけの写真を撮ることが大切です。
このような観察と計算は確実にあなた作品の完成度を上げていくと思います。ではそんな力はどうすれば身に付けることができますか,と問われるならば「夜の写真を撮ること」をお勧めしています。太陽が何時に沈み,いつ薄明が終わるか,月は月齢いくらか。金星はどこか,ISSは何時にどの方角をどれくらいの角度で通過するか。一つ一つの条件を確かめながら自分の頭の中で自分が撮りたい星空を想像してみましょう。これが自然を理解するという事に確実につながっていきます。ネイチャーフォトとはそんな自然の深奥を垣間見させる写真のことを言うのだと思います。日々精進です。みんなで頑張りましょう。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント