FC2ブログ

時間は残酷なもの

IMG_0086-2s.jpg
散歩にて

私が彼女と知り合ったのは冬にしては雪も降らない暖かな一月のある朝であった。
山深い一軒家は鬱蒼とした木々に囲まれていて,門口から数百メートルも入った所に母屋があった。
やがて春が来て,私は雪割草やシラネアオイが咲く屋敷の広い庭で花の話を彼女と交わすようになった。屋敷の広さから見ても,昔から代々続く豪農の家であるらしくミツバチも飼っており,ひとしおミツバチに興味があった私は彼女のミツバチの飼育の話を驚きの連続で目を見張るように聞いた。そして飼育箱の中に新しく女王バチが生まれると前にいた女王バチはある朝,何千という働きバチや雄バチを従えて大空に飛び立つことを知った。飛び立った女王バチはその日に生まれて初めて青空を見て,生まれて初めて太陽を仰ぐという。その後に何千という働きバチが雲のようになって女王バチを追いかけ,女王バチが留まった木にひとかたまりとなって女王バチを守る。このことを分封と言うのだという。
そんなミツバチの話をする彼女の顔は静かさを保ってはいるが瞳の底は輝いていた。
「私は女王バチのようにはなれない」とある日,言ったが,それはどんな意味で言ったのかいつか聞こうと思いながらも結局私は彼女に聞けなかった。いつもそうだ。その人の大切にしている気持ちに触れると私はおどおどとしてしまう。相手からの奥ゆかしいレトリックなのに隠されて表われてくるものを私はいざとなるとそっとそのままにしておいてしまう。相手の気持ちを確かめること位は何でもないはずなのに割り込んでいって答えを強要しているみたいで罪悪感を感じてしまう。自分ながら情けない性格だと思う。大人になれば何でも言える性格になると思っていた。しかし性格は変わらなかった。臆病な性格という面に触れにないように生きる術(すべ)を布いてしまったのだ。いつの間にか,自分自身を主張することが自分勝手と思われはしないかと恐れるようになった。

雨ニモマケズ石巻線-2s
最終電車で雨ニモマケズ

だから知り合ってからしばらく経ったというのに彼女の名前すら知らなかった。彼女の名前を知ったのは家の中から彼女を呼ぶ家の人の声によってだった。彼女の好きな物が何か,何の花が好きなのかさえ聞けなかった。ただ,咲いている花や木やミツバチやチョウや夜に鳴くフクロウ話を聞くだけで天国にいるような気持ちになった。私は彼女に惹かれていった。そして彼女も今まで見せなかった表情を時折見せるようになったことで打ち解けてきたのだと,私を嫌いではないのだと薄々感じるようになった。それだけで幸せな気持ちになった。

もう知り合ってから二年が過ぎて屋敷のシャクナゲが見事に咲きそろった頃だった。
「今年の分封は遅れているわ」と彼女は私の顔を覗き込むようにして言った。私はその所作にどんな意味があるのか分からず,でもやはり真意を聞き返すこともできないでいた。

IMG_0131-2s.jpg
丘の向こうの空

暫く長期の出張で家を留守にして,秋も終わろうとする頃だった。
落ち葉を踏みしめて彼女の屋敷に久し振りに足を踏み入れた。リンドウの咲き残りが明るく見通しの良くなった雑木林の道に沿って並んでいた。
その時,婚礼の家具を積んで紅白の幕をまとったトラックが屋敷の母屋の方から出てきた。
私は思わず近くの柏の大木の陰に身を隠した。
(彼女はお嫁に行くのだ)
そう直感した。
私は走って彼女の家から離れた。
そして今までの彼女の言葉や覗き込む目の奥の光の意味が一瞬にして遅すぎる今になって理解できた。
(時間(とき)は残酷なものだ)
自分の臆病さも顧みず,勝手な自分はそう思った。



にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事