FC2ブログ

金星とレグルス『長塚節』

金星とレグルス金星とレグルスの接近

晴れました。きれいな青空でした。涼しい風が渡りました。
ああ,もう沈んでしまうというところの20:30。金星とレグルスのペアです。
ホタルが飛び,星々は輝きます。夏の涼しい宵のひとときでした。

今日の一冊
『長塚節句集』


國原はやみの夜空におほはれて星あきらかに天の川流る

山かげの桃の林に星落ちてくはし少女は生れけむかも

ぬば玉の闇の夜空に尾をひきて遠津海原ほしとびわたる

わたしは,まだ読んでいませんが,藤沢周平が書く長塚節もおもしろそうです。長塚節の『土』を読んだとき,子どもを堕ろすためにホウヅキの根を使うという場面がありましたが,ショックでした。今でも憶えています。
白き瓶(かめ)―小説 長塚節 (文春文庫)白き瓶(かめ)―小説 長塚節 (文春文庫)
(1988/12)
藤沢 周平

商品詳細を見る


クリックしてね
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント