FC2ブログ

真夏のさんぽ道『蝶の世界』

さんぽ道朝靄にけむるさんぽ道
子どもの頃,夏の朝靄の思い出です。
 朝早く起きた私は,家の引き戸を開けて,父が買ってきたレコードブレイヤーを出して,青いソノシートの『真珠貝の歌』をかけました。歌は朝靄の中に消えていきました。どうしてこの場面だけを憶えているのか,わかりません。でもはっきりと記憶の1ページに刻まれているのです。
さんぽ道2朝露で光るいっぱいの蜘蛛の巣
さんぽ道のトンボトンボ君
クワガタクワガタ君も一生懸命です
サナギ1おっとサナギも元気です
今回,卵からアゲハを飼ってみて,サナギになるときに幼虫は大移動することを確信しました。なにせ3週間も動かずにいるわけです。絶対安全な処を探して,そこでサナギになるようです。いろいろな場所でサナギを探してみて,絶対食草のすぐ近くにはサナギが見つかりませんでした。サナギになるということは,幼虫の考えの次元ではないようです。家で飼っている幼虫がサナギになりかけたとき,ちょっと動かしたら,うんと怒ったのです。やっぱり生き物は飼ってみないとわからないことが多いですね。
サナギ2場所によってサナギの色もちがうよ
たまごキアゲハのたまご
アゲハは年4回発生すると本に書いてありました。梅雨明けのこの頃,第2化(二世代目)ぐらいになるのでしょうか。あれほどの苦労を重ね,成虫になり,忙しく飛び回り,すぐ卵を産みます。チョウもがんばっているのですね。
卵2クロアゲハのたまご
おつとこのクロアゲハの卵,幼虫が出ようとしていますよ。

今日の一冊
『蝶の世界』
五十嵐邁(すぐる)という人は,蝶の世界では有名なんですよね。社長の座を捨てて,単身ヒマラヤに飛んで,ヒマラヤのアゲハの生態を研究した人です。うらやましいです。
アゲハ蝶の白地図アゲハ蝶の白地図
(2008/02/01)
五十嵐 邁(いがらし すぐる)

商品詳細を見る

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント