FC2ブログ

午後の坂道『グリム童話集』

夏の坂道
夏の午後の坂道

どうして,こんな小径が好きになったのだろう。
先が見えないからかな。
曲がりくねっていてもいい。
消えかかっていてもいい。
蝉時雨の中
小径の入り口に立つ。
時間はとうに止まっている。

今日の一冊
『グリム童話』
物語の魅力に染まります。日本の昔話には人情話もありますが,グリム童話ではキャラが特化されているというか,人間を冷たく突き放して描く力を感じます。たまにペラペラとめくるのでいいのかも・・・。
完訳 グリム童話集〈1〉 (岩波文庫)完訳 グリム童話集〈1〉 (岩波文庫)
(1984/01)
W. グリムJ. グリム

商品詳細を見る


クリックしてね
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント