FC2ブログ

雫(しずく)『球体詩人のメランコリア』

ハスハスの葉の雫

 雫とは,ひとりぼっちだということ。
 絶えず動き回り,形を変え,風に,光に翻弄される。
 雫こそ,ゆらめくこの世界を写し込む。
 それ故,運命を司り,神の摂理を唱えられる。

今日の一冊
『球体詩人のメランコリア』

ある迷宮物語 (1985年) (水星文庫)ある迷宮物語 (1985年) (水星文庫)
(1985/06)
種村 季弘

商品詳細を見る


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント