FC2ブログ

天の川のなかでたったひとつのほんとうのその切符

銀河鉄道の夜銀河鉄道。宮守鉄橋を通過。

「さあ,切符をしっかり持っておいで。お前はもう夢の鐵道の中でなしに本統の世界の火やはげしい波の中を大股にまつすぐに歩いて行かなければいけない。天の川のなかでたったひとつのほんとうのその切符を決しておまへはなくしてはいけない。」銀河鉄道の夜 「九 ジョバンニの切符」から

ジョバンニが持っていた,この切符。
私たちには持てるのだろうか。
カムパネルラの持っていた切符は鼠色の切符だった。
ジョバンニの持っていた切符ははがき大の畳んだ緑色の切符。
鳥採りの話によると,天上にも,どこへでも行ける切符だ。
こんな不完全な幻想第四次の銀河鉄道なんか,どこまででも行ける筈でさあ。

わたしの持っている切符はどんな切符なのだろう。

「天の川のなかでたったひとつのほんとうのその切符」

どうすれば持つことができるのだろう。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: 感動です!

どうして賢治が好きになったのか。
未だに答えられないのです。
理由があって好きになることもあるのかも知れませんが
理由がなくて好きになることもいっぱいありますよね。
実は,わたしは理由がなくても現在生きています。

理由が立てられないから
自然が好きなのかもしれません。

感動です!

以前 何度か雑誌の特集で見ました

いつかいってみたいなぁ

賢治の故郷にふれてみたいです

非公開コメント