FC2ブログ

解体される学校を惜しむ

遠足解体される前に最後の遠足で訪れた子どもたち
遠足2誰も使わなくなった遊具を,もう一度。

わたしは今まで,自分の母校である新田第一小学校が平成17年12月に突然に危険校舎として立ち入り禁止になり,閉校するまでの様子を間近に見て,さみしく思ってきました。
そして,現在いよいよ解体が決まり,明日にでも解体されるという段階に来ています。解体する業者も決まったとも聞いています。
 最後の新田第一小学校を撮って残したいと思い,何度か記事にもしてきました。関連記事は以下の通り。

>「桜の新田第一小学校。解体が決まった。」 
「星降る新田第一小学校」
「誰も見ることもないバラの花」 
「廃校した小学校の物品の払い下げ」 

そんな折,閉校して4年10か月ぶりに,子どもたちが母校に立ち寄ってくれたのです。
 しんとした校庭に子どもたちの声が戻り,校庭で遊んでいきました。今日の写真はそんな新田第一小学校と訪れた子どもたちです。
 もう二度とこんな姿は撮れないだろうと思っていました。嬉しいことです。このようにいつも自分の思い出を大切にして,生きていってほしいと思っています。人は思い出の中に帰ってこそ,新しい生き方が始まるのですから・・・。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント