FC2ブログ

ブナ力『賛美歌320』

ブナ力
ブナ力

山形県の朝日鉱泉から朝日岳に向かうと,鬱蒼としたブナの林に入ります。

ブナ林は,極林です。
もうこれ以上遷移することもない極限の林の姿です。
究極の林の姿。
古代,東北では,海岸線までこのブナ林が占めていたそうです。
ブナの林に入ると,私たちは「究極の林の歴史の証人」になるということなのです。
すごいことです。

私はいつも気に入ったブナの木を見つけると,触らせてもらって,ブナが何を言っているのか対話を楽しみます。

今日の一曲
『賛美歌第320番』
タイタニックが沈む時にこの賛美歌が歌われたということですが,宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』でも同じようにタイタニックの沈没の場面が取り上げられています。そして同じように賛美歌が歌われます。
向ふの青い森の中の三角標はすっかり汽車の正面に来ました。そのとき,汽車のずうっとうしろの方からあの聞きなれた[約二字分空白]番の賛美歌のふしが聞こえてきました。よほどの人数で合唱しているらしいのでした。・・・。けれどもいつともなくその歌は歌い出されだんだんはっきりと強くなりました。思わずジョバンニもカムパネルラも一緒にうたひ出したのです。
賢治が書かなかった[空白の二字]に入るのは「320」なのでしょうか。


しかし美しいメロディーです。


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

nittaさん

お久しぶりです。
自然の中に私も行ってみたいです^^

最近多忙を極めており、ゆっくり
遊びに行けないのです。
再来週から落ち着きますので、
今後も交流して下さい。

よろしくお願いします
非公開コメント