FC2ブログ

写実といふこと

夕暮れ
夕暮れ

 以前に,富岡多恵子の「釋迢空ノート」がおもしろいと書いたことがあったけれど,それ以来頭の中から離れないで気になることがあります。{写実とは何か}ということです。それも上質の写実とは何かです。もちろん釋迢空というのは折口信夫のことなのですが,この折口信夫がこの詩はいいと,折りにつけ話していたのが小野十三郎の「大阪」という詩集だと本に書いてありました。なぜいいのかは明かされていませんから,今となっては折口信夫の他の文章から予想するしかありません。どうもそこら辺が彼の短歌のめざす美であり,理想だと思ってもよさそうで,気になります。どうして彼が短歌に句読点をつけることになったのかとか,いろいろ併せて考えると,彼の短歌における表現の苦悩やら極みが分かるのではないかと考え,始終気になっていたのです。煎じ詰めれば,「写実の極意」である。
 写真をやっている人はこのことを,いつもどこかで考えているでしょう。写実とは何か。それも上質の写実とは何かと。私もご多分に漏れず,散歩しているときもうすうすと頭をめぐらしている。「よい写実とは何か」と。

 「短歌本質成立の時代 万葉集以後の歌風の見わたし」と題された折口信夫の文があります。青空文庫でも読めます。
短歌が、声楽から解放せられて、創作物となり、文学意識を展(ひら)いて行つたのは、亦(また)声楽のお蔭であつた。
と彼は短歌の起源を語り,もともと音を大切にした歌いだからこそ,誇張,雰囲気を強める歌を嫌い,また技巧だけの「におい」を感じさせない概念的な歌を嫌っていました。
 そう言う彼は,歌は抒情であり,成立上,叙事には無理があり,山部赤人を「美の為に自然を改め、時としては美の為に、生活を偽つてさへ居る。赤人の個性を出す事が出来た時は、既に其以前に示して居た伝統の風姿や、気魄を失うてゐた。自然を人間化し、平凡な人間の感情を与へてゐる。」と述べ,彼自身の好みを見せています。業平については彼は
自然の前に朧ろに光る孤影を見入つてゐた心、其を更に外へ出して、他人の心の上に落ちる自分の姿を瞻(みまも)つて、こゝにも亦、寂しく通り過ぎる影しかないことを、はかなんでゐる様な心境である。彼の調子は、家持の細みを承けてゐる。併し業平の違うてゐる処は、事実に即した複雑が、真の単一に整頓せられたのではなく、それに対する方法として、出来得る限りの節約を用語の上に行うてゐることである。文法の許すだけは、言語の影を利用し、曲節を附けて、姿態の上に細みを作らうとしてゐる。調子でなく、内容と形式との交錯から来る趣きを整理しようとして居たのである。だから、業平の作物には、趣きを出す為に無用の論理に低徊することがある。
と語り,自ずと彼自身の自然に対する見方が出てきています。
自然に対する理会があつたとしたら、情景の絡みあひから生じる趣きは、姿のしなと相俟つて、真の象徴発想を闢(ひら)いたであらうに、黒人から赤人に、赤人から家持に伝(つたは)つた調子の「細み」と、幽(かそ)かでそして和らぎを覚える「趣き」
と言う。つまり彼は言葉に固められ,人工的に彫られたことばを嫌います。抒情は自然にほとばしり,そして和やかに情景を語りつつ,余韻としての強い「しな」を持っているというわけです。これは読んでみれば,至極当たり前の話です。

 ここからはわたしの写真の話です。
 写真で,よく一頭の蝶と周囲をぼかしたりする雰囲気づくりの写真があるけれど,私ははっきりいってそういう作為ある写真が嫌いです。なんか雰囲気に流すというか,きれいと感じさせるばかりの目的を持った写真に見えてしまうのです。つまりは,ぼけや色という写真の技を過剰に利用している誇張だと思います。折口もそういうものを嫌います。折口だけではなくても,心得た者はみんな雰囲気に流されているとか,わざとらしいって分かると思います。
 これ以上書くと,しつこくなるので今日はこの辺でやめときます。続きは,また近いうちに書きます。

釋迢空ノート (岩波現代文庫)釋迢空ノート (岩波現代文庫)
(2006/07/14)
富岡 多惠子

商品詳細を見る


にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

Re: 美しい光

> 天から降り注ぐようなこの光の美しさ!
> すばらしいです!
HITOYASUMIさん。いつもありがとうございます。
ご無沙汰してすいません。さっぱり写真が撮れない日が続いていて,早く一段落したいなと思っています。
またブログにもお邪魔します。
こちらは氷点下の寒い日が続いています。

美しい光

天から降り注ぐようなこの光の美しさ!
すばらしいです!
非公開コメント